脱・顔デカ!顔型別「前髪+サイド」のバランス学で小顔に!!

Daily Beauty Navi / 2014年8月22日 9時0分

写真

髪を切って、すっきりしたのはいいけれど、なんだか顔が大きく見える...なんていう経験がある人も多いはず。
小顔に見せるには、実は顔型に合う髪型を選ぶ必要があるんです。

1.丸顔タイプは、斜め前髪ですっきり

ほおがふっくらした印象の丸顔タイプは、斜めに切った前髪、もしくはセンターパートで縦長感を強調! サイドはボリュームを出さず、すとんとおろしてすっきりした印象に。
前髪が直線に揃っていると、より丸顔が強調されてしまいます。ほおまわりにボリュームのあるマッシュルームヘアも丸さを際立たせるので、避けた方がベター。

2.面長タイプは、前髪を作って横にボリュームを

顔の長さが気になる面長タイプは、顔の長さをカムフラージュするために前髪は必須。サイドは、あごより上のラインにボリュームを出して、横ラインを強調するイメージで。
センターパートでおでこを見せてしまうと、縦長印象が際立つことになります。すとんとしたロングヘアも、面長を強調してしまいますので要注意。

3.四角タイプは、前下がりのボブで輪郭をカバー

エラが気になる四角タイプは、ちょうどエラの部分が隠れる程度の長さが◎。後ろが短く、前にしたがって長くなる、前下がりボブがオススメです。さらに、うれしい小顔効果も期待できます。
サイドの髪が、ほおより上の位置でカットされていると、肌色の面積が際立ち、エラが目立つ結果になってしまうので気をつけて。

髪型は、オシャレのためだけじゃなくて、自分の輪郭の欠点をカバーする重要な役割を担っています。
自分の輪郭に合うヘアスタイルを知って、もっとかわいくなりましょう♪

【参照】資生堂「Beauty book」

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング