幸せになるために♡年下の彼と本気で付き合うときの注意点

Daily Beauty Navi / 2014年9月24日 9時0分

写真

この10年ほどの間に「年下の男性と結婚したいと考える女性」はおよそ2.5倍に、「年上の女性と結婚したいと考える男性」はおよそ3.5倍に増えています(厚生労働省が発表する「出生動向基本調査」より)。結婚相手の条件として考慮するポイントとしては、男性が女性に「経済力」や「学歴」を求める傾向がアップ、また女性が男性に「容姿」や「家事力」を求める傾向もアップしています。

このような傾向から考えると、「頼りになる年上女性」と、「癒し系年下男性」という組み合わせは、時代に合っているのかもしれません。そこで今日は、年下の彼と本気で付き合うときの注意点を3つ、お伝えします。

慣れ合わないように注意

年齢も経済力も上、という女性と交際する男性の中には、潜在的に依存心の高い人がいます。付き合い初めの頃は、ちょっとがんばってカッコつけてくれていた男性が、一度甘え出した途端、ずるずると女性に依存していくケースはよくあります。エスカレートすると、結婚前からまるでお姉さんやお母さんのような「面倒を見てくれる人」という存在になってしまうことも。ほどよい距離感を保ち、慣れ合いが生じないように気をつけましょう。

プライドを傷つけない

年上女性と交際する男性の中には、一見、上昇志向がさほど強くないようにみえる人であっても、意外なところにこだわりをもっている人がいます。思いもよらないところで、プライドを傷つけてしまわないように気をつけましょう。親しくなると、お互いの失敗談なども話題にして、笑い合うこともありますよね。そんなときも、プライドだけは傷つけないように。「バカにされた」という印象は、根深く残る心理のひとつです。

上手にリードを

一般的に、女性が結婚を意識する年齢と男性が結婚を意識する年齢にはかなり差があります。年上女性と交際する男性の中には、一見、上昇志向がさほど強くないようにみえる人もいます。でも、そういった人が意外なところにこだわりをもっている可能性も...。女性がしっかりしているからこそ、男性は今の恋に責任を感じずにいる可能性もあります。あなたが結婚・出産を考えたいのなら、自分から上手に、彼をリードしていく必要があります。

最近発表になった、日本人の平均寿命は男性80.2歳、女性86.6歳。共に長く助け合っていくパートナーとしては、男性が年下というのは合理的かもしれませんね。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング