不老長寿の秘薬!?スーパーフード「クコの実」美のレシピ

Daily Beauty Navi / 2014年10月4日 9時0分

写真

クコの実は中国の古来の不老長寿の媚薬!?

中華料理で杏仁豆腐などにトッピングしてある、クコの実。クコの実もまた、最近話題のスーパーフードのひとつなんです! 中国では古くから滋養強壮や、目の疲れを回復する薬として使われてきました。ビタミンB1・ビタミンB2・リノレン酸・アミノ酸・各種ミネラルや食物繊維などの栄養が含まれている健康食品です。滋養強壮、疲労回復、肝機能改善、血行促進の他、デトックス、シミ予防などうれしいアンチエイジング効果があるといわれています!

クコの実は、中華料理で使うイメージがありますが、レーズンのようにそのままドライフルーツとして食べたり、スープ、お茶、梅酒に入れたり、ごはんと炊いたりと、実はオールマイティに使えるんですよ。
美肌や美白にも良いとされるスーパーフード・クコの実。ぜひお試しください。

今回は、ヒヨコ豆と挽肉とクコの実が入ったキーマカレーの作り方を紹介いたします! 

クコの実入りキーマカレー(2人分) 合い挽き肉...100g
玉ねぎ(みじん切り)...1/4個
にんにく(おろしたもの)...小さじ1
しょうが(おろしたもの)...小さじ1
トマト(角切り)...1個
ヒヨコ豆缶詰(水を切る)...1缶(400g)
クコの実...大さじ2
塩...小さじ1
サラダ油...大さじ1

【スパイス】※スパイスが揃わなければカレー粉で代用

ターメリック...小さじ1/4
クミンパウダー...小さじ1 
作り方 フライパンにサラダ油を熱し、玉ねぎを炒める。
玉ねぎがしんなりしたら、にんにく、しょうがを入れ、さらに炒める。
トマトを入れ、酸味と水分をとばす。
(3)にターメリック、クミンパウダー、塩を入れ、混ぜたら、合い挽き肉を入れ炒める。
肉の色が変わったらヒヨコ豆とクコの実を入れ、さらに炒める。
全体的に馴染んできたら塩(分量外)で味を整え、できあがり!

クコの実の酸味と甘みの絶妙なおいしさがたまらない一品です。お好みでパクチーやパセリを刻んだものを散らしてもおいしいですよ。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング