出先でキャー!ニット汚れの応急処置にはトイレのアレを使え!

Daily Beauty Navi / 2014年12月22日 15時0分

写真

今年の流行といえばニット。それも白ニットともなれば、食事中に「やっちゃった~!」という悲劇に見舞われた人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ニットに汚れがついてしまったときの応急処置法を、家事ガイドの藤原千秋さんに教えていただきました!

料理をこぼしてしまったら、洗面所のハンドソープでオフ

外出先でニットに汚れをつけてしまったとき。やりがちなのが、慌ててゴシゴシとこすってしまうこと。でも、これは汚れを広げてしまうばかりか、ニットの生地を傷める原因にもなるので、絶対にNG!

料理をこぼした、脱ぎ着するときにうっかりファンデーションをつけてしまったなど、油を含んだ汚れがついたときにはハンドソープが有効。
まずは汚れをティッシュやペーパーナプキンなどで軽くつまんで取り除きます。その後洗面所などで、ハンドソープを少量の水で薄めて汚れに塗布。軽く濡らしたペーパーを上下から当て、挟むようにして汚れを押し出しましょう。

また、飲みものなど、水溶性の汚れはハンドソープは使わず、濡らしたペーパーで挟みうちに。こすらず、ポンポンとたたいてペーパーに汚れを移すイメージで。

帰宅後は、すみやかに洗濯orクリーニングを

とりあえずの応急処置をしたら、帰宅後にすぐ次の対応を。水洗い可能なニットの場合は、オシャレ着用洗剤で手洗いするか、洗濯機の手洗いコースなどで洗って。クリーニングに出す場合は、何の汚れがついたのか説明して、シミ抜きしてもらうのがベストです。

これからの季節、知っていると役立つニット汚れの応急処置。たとえばデートでトマトソースがうっかり跳ねてしまった! なんていう悲劇が起きても、対処できればかえって女子力をアピールできて、逆転ホームランに♡ ぜひ覚えておきましょう!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング