工夫次第でダイエットの味方に 余ったお餅のおいしい食べ方

Daily Beauty Navi / 2015年1月5日 9時0分

写真

お正月料理に欠かせない「お餅」。長く伸びることから、一年の長寿や繁栄を願って食べられる縁起物です。とはいえ「お餅は太る」というイメージから、あまり食べない女子もいるのでは? これは大きな誤解! じつは切り餅2個分のカロリーは、ご飯茶わん1杯分にも満たないのです。しかも、粘り気のあるお餅は、ご飯に比べて消化がゆっくり。腹もちがよく、太りたくない人こそ間食予防に役立てなきゃソン! 焼くだけで手軽に食べられることもあって、最近はお正月に限らず、お餅を常備して食べているキレイ女子も増えているとか。

とりわけ、日本全国で一番お餅を購入している都市は新潟(※)! さすが米どころナンバーワン。切り餅や米菓の大手メーカーが集中する「お餅王国」ですね。色白モチ肌の越後美人をつくるお餅。さっそく、女子におすすめのおいしい食べ方をご紹介しましょう。お餅は味が淡白なため、食材との相性を選ばず、和食はもちろん洋食アレンジもおすすめです。お正月の余ったお餅で作ってみませんか?

チーズとお餅のコンビネーションが絶妙!「もちピザ」 材料(4人分) 切り餅...8枚
玉ねぎ...1/2個
マッシュルーム...5個
ピーマン...1個
チーズ...80g
サラミ(薄切り)...8枚
ピザソース(またはトマトケチャップ)...大さじ1
油...大さじ1/2
塩、こしょう...各少々
バター...適量
作り方 切り餅をひと口大に切り、10分ほど水につけてやわらかくする。
薄切りにした玉ねぎ、マッシュルームを油で炒め、塩、こしょうをふる。ピーマン、チーズ、サラミは食べやすく切る。
フライパンを熱してバターを溶かし、水けをきった1の餅を焼く。
餅にピザソースをぬり、2の具をのせ、チーズが溶けて焼き色がついたらできあがり。

ほかにも、鍋やおでん、グラタン、お好み焼き、餃子などに加えたり、お餅を電子レンジでやわらかく加熱して、白玉団子風のスイーツにアレンジしても! 「お餅=太る」という思い込みは捨て、「太らない」ための食事やおやつに、お餅をおいしく役立てましょう。

※総務省「家計調査」による「都道府県県庁所在地別一世帯当たりのもちの購入数量」(平成25年、2人以上の世帯)

レシピ提供/全国餅工業協同組合

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング