顔型別 似合う「イヤリング」「ピアス」の見つけ方

Daily Beauty Navi / 2014年3月27日 0時0分

写真

 付けるだけで華やさや大人っぽさを演出できる「イヤリング」や「ピアス」。自分にはどんなタイプのものがいちばん似合うかを知っておくと、おしゃれに幅ができますよ。

 顔のタイプ別に似合うイヤリング・ピアス(以下イヤリング)を見ていきましょう。丸顔の人は、縦に長いデザイン(ぶら下がり型)のものを合わせると顔のバランスがよく見えるそう。逆に丸みのあるボタン型のものを選ぶと、丸顔がより強調されるので注意を。卵型の顔の人は、パールなど小ぶりの丸いイヤリングが似合います。ぶら下がり型でもOKですが、あまり長すぎないほうがあごの先端をシャープに見せてくれるそうです。長方形に近い顔の形の人は、縦長で輪になったデザインのものが似合います。丸さが顔のエラや角ばった形をカバーしてくれるからです。面長の人は、幅の広いタイプのイヤリングがおすすめ。顔立ちがきれいに見えるはずです。

 ちなみに、大きな耳たぶには大きなイヤリング、小さな耳たぶには小さなイヤリングがよいそうですよ。

 イヤリングは、鼻から耳たぶに向かって水平に線を引いて、その線より耳たぶが上にあるか、下にあるかによっても似合うデザインが変わるそう。耳たぶが鼻より上にある人は、基本的にどんなタイプのイヤリングでもバランスよく付けることができるとか。耳たぶが鼻より下にある人は、ボリュームのあるものや、しずく型のデザインは避けたほうがいいかもしれません。なぜなら、首が短く見えてしまうことがあるから。ボタン型のイヤリングで視線を上に集めると首まわりがスッキリとするそうです。

 これらを参考に、できれば実際に付けてみて選んでくださいね。ふだん付けない人もパーティなどの席には、ぜひこのアクセサリーをプラスして、自分を彩ってみては?

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング