夕方になっても落ちにくい眉毛メイクのコツ

Daily Beauty Navi / 2014年3月14日 11時0分

写真

毎朝ばっちりメークをしたはずなのに、夕方になると「眉毛が消えちゃった!」 そんな経験をしたことがある人も多いはず。

 そこで今回は資生堂のビューティークリエーション研究センターの中山夏子さんが、資生堂の美容情報サイト「Beauty Book」で解説している、夕方まで消えにくい眉毛の描き方のポイントをご紹介します。

 まずは眉の中までおしろい、もしくはファンデーションを塗るようにしましょう。ベースメークをするときにファンデーションなどを軽く塗るだけで後に描くアイブローがより密着しやすくなります。リキッドファンデーションの場合はおしろいを重ねてくださいね。

 2つ目はアイブローマスカラを使うこと。今どきな明るい眉色に整えつつ、色や毛流れをセットして長時間キープしてくれるアイテムです。アイブローマスカラは最初に毛の流れに逆らって塗るのがコツ。毛並みの中までマスカラ液がからまることで、色ムラを防ぐことができます。中には眉だけでなくまつ毛に使用できるタイプのものもありますので、活用してみてくださいね。

 そして最後のポイントが、実際に眉毛を描いていくときにパウダータイプとリキッドタイプをうまく組み合わせて使うということ。順番としては、はじめにリキッドアイブローで眉尻を描いた後に、パウダーのアイブローを眉頭などにふんわりのせていくのがコツ。落ちやすい眉頭はリキッドタイプで1本1本描いていきましょう。これで時間が経っても眉頭をちゃんとキープすることができます。

 ちょっと手をかけるだけで、夕方でも朝のメークをキープできるはず。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング