朝起きるのがつらい…スッキリ目覚めるコツは?

Daily Beauty Navi / 2014年2月5日 11時0分

写真

朝がつらいこの時季。目覚まし時計が鳴っても、温かい布団からなかなか外に出ることができずに、気がついたら出かける支度をする時間がなくなってしまう…毎日そんな朝を送っている人も少なくないのではないでしょうか。

 一日をすがすがしくスタートさせるためにも、毎朝の目覚めはとても大切です。そこで今回はスッキリと起き上れる目覚めのコツをご紹介します。

 まずは目覚めるタイミングから。私たちが眠っている間は「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」が90分ワンセットとなって繰り返されていると言われています。目覚める直前が、脳が活発に動いている「レム睡眠」であれば気持ちよく起きることができるとも。そのため、眠りについてから4時間半後、6時間後などを目安に起きるようにするのがおすすめです。

 音楽の刺激でゆっくりと起きるのもスッキリと目覚めるコツのひとつ。音楽が脳に心地よい刺激を与えることで徐々に浅い眠りに移っていき、自然と目覚めることができます。起きたい時間の少し前に音楽が鳴りはじめるよう、タイマーをセットしてみてくださいね。

 また、きちんと朝食をとることも大切です。忙しく時間のない朝は、どうしても食事をする時間ももったいないと思う人も多いかもしれませんが、食事をすることで血糖値が上がり、身体に「今から活動を始めるよ!」というサインを出すことができます。

 ただ、起き上がってもどうしても目が開かない…ということもあるはず。そんなときには熱めのシャワーを浴びて血液の循環をよくするのもポイントです。お湯が刺激することで交感神経が働き、脳や身体を活発にしてくれます。

 朝がどうしてもつらいと悩んでいたら、まずはどれかひとつ明日から始めてみてくださいね。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング