身近なアイテムで洋服についたニオイを消す方法 ドライヤーを使うテクも

Daily Beauty Navi / 2014年2月14日 11時0分

写真

焼肉や焼き鳥、お好み焼きなどを食べにいくと、必ず衣服にニオイがついてしまいますよね。お気に入りの服を着てきてしまった!なんてときには、食べる前からちょっと気持ちがブルーに…なんてこともあるかもしれません。

 そんなときのために、衣服についたニオイをとる方法を紹介します。

 まずは、スーツ。ハンガーにかけたスーツに、霧吹きで水を軽く吹きかけ、しばらく置いたら乾いたタオルで水分をふき取り、陰干ししましょう。たったこれだけの手間でも、スーツについたニオイはとれ、シワものびて、常にパリッと心地よい状態を保つことができます。頻繁にドライクリーニングに出さなくても、ふだんからこの方法で手入れをしておけば、ある程度きれいな状態が維持できそうですね。

 スーツ以外の洋服は、スチームを使った方法がおすすめです。スチームの蒸気を洋服に当てると、 蒸気と一緒にニオイの成分まで飛ばしてくれるそう。 洋服はアイロン台の上に置くだけでなく、ハンガーにかけたままの状態でも大丈夫みたい。タバコや汗のニオイ、防虫剤や食べ物のニオイなど、どんなニオイにも使える方法です。

 また、食べ物やタバコのニオイを急いで消したい場合は、ヘアドライヤーを使ってニオイを消すことができるそう。ドライヤーを冷風にセットして、20cmくらい離れた場所から、風を衣類全体に当てるだけでOK。 繊維の中までしみ込んだニオイをすべて消すのは無理ですが、とりあえず表面 のニオイは飛ばされるので応急処置になります。

 衣服についたニオイは、早めに取らないと染み込んでしまいます。せっかく素敵な洋服でも、ニオイがついていたら台無し。手軽にできる方法なので、気になったときにはぜひ試してみましょう。

Beauty& Co.

トピックスRSS

ランキング