愛好家必見 公式ティーチャーが真髄を説く「ピラティスバイブル」

美容最新ニュース / 2018年7月10日 10時45分

ピラティスメソッドジャパン社代表の櫻井淳子氏7月2日、健康や美容、姿勢改善などで注目されているピラティスの哲学や真髄を解説した「ピラティスバイブル」が発売された。

著者は公式第二世代ピラティスティーチャーで、ピラティスメソッドジャパン株式会社代表取締役の櫻井淳子(さくらいじゅんこ)氏である。

健康・美容・リハビリに活用されるピラティス1880年代のドイツに生まれたジョセフ・ピラティスは、幼少期に病弱で喘息などの持病により苦しめられ、健康に対する願望から体を鍛えるようになり、世界の訓練法や健康法を学び、独自のピラティスメソッドを確立する。

身体的なストレッチと筋力の強化を行う運動であるピラティスは、バランスの強化を図り、ダイエットなどの美容、精神の制御にも効果があるとされる。海外セレブからも注目され、怪我や病気からの社会復帰などを目的としたリハビリテーションとしても、広く活用されている。

哲学・信念・真髄・歴史・未来櫻井淳子氏は、世界で唯一のジョセフ・ピラティスの公式認定者であるロリータ・サン・ミゲェル氏から第二世代ピラティスティーチャーに認定され、ピラティス指導者の育成や講師としての活動、メディア出演など、積極的に活動している。

新刊「ピラティスバイブル」では、著者とピラティスの出会いから始まり、ピラティス愛好家も知らないピラティス創始者の哲学と信念、真髄を解説し、その歴史とともに、ピラティスの未来について提言している。同書はA5版で184ページ、2,000円(税別)にて現代書林より発売中である。

(画像はAmazon.co.jpより)


【参考】
※ピラティスバイブル
http://www.gendaishorin.co.jp/book/b371215.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング