「ご当地ナイーブ」第7弾!山梨のぶどうでつるつる素肌へ

美容最新ニュース / 2018年8月3日 15時45分

日本各地の素材を採用日本各地の旬の植物や季節のイベントをテーマにした「ご当地ボディソープ」企画を展開中の「ナイーブ」は、8月13日に山梨県産の「ぶどう」の成分を配合した「ナイーブ ボディソープ(ぶどう)」を新発売する。

「ご当地ボディソープ」企画ではこれまで、北海道の「ラベンダー」や沖縄「月桃(げっとう)」、神奈川「桜の花」、和歌山「梅」など、各地の旬の植物などに関連する植物素材を使った「ご当地ボディソープ」を発売してきた。

第7弾となる今回のテーマは、山梨県が収穫量全国第1位を誇る「ぶどう」。山梨県は国産ワインの発祥の地としても有名であることにちなみ、山梨県産のぶどうから作られた「ワイン発酵エキス」を配合した。

実はこの「ワイン発酵エキス」はうるおい成分と加水分解酵母エキスを含んでおり、つるつる素肌に導いてくれる。

家族みんなでサッパリバスタイム幅広い年齢層に親しまれるよう、「明るくみずみずしいぶどうの香り」に仕上げた。

植物性ボディソープのナイーブは、「石けん洗浄成分」と「アミノ酸系洗浄成分」をベースにしたサッパリクリア処方を用いているので、子どもから大人まで家族みんなで使用できる。

ジャンボサイズ(530mL)と詰め替え用(380mL)の2品目が登場。山梨を思い出させるやさしいぶどうの泡で、サッパリつるつるの肌を目指そう。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース
http://www.kracie.co.jp/release/10148094_3833.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング