ベビー用紙おむつ「グーンプラス」発売。「エリエール 贅沢保湿」と同じ保湿成分を配合!

美容最新ニュース / 2020年10月15日 15時0分

エリエールブランドを展開する大王製紙株式会社は、赤ちゃんの敏感肌を考え、肌に対する刺激と乾燥に着目したベビー用紙おむつ「グーンプラス」 シリーズを、2020年10月21日(水)より全国で発売。
テープタイプの「グーンプラス 敏感肌設計」とパンツタイプの「グーンプラス 肌快適設計」をラインナップとして展開する。

重要なことは、肌への刺激を減らすこと赤ちゃんの肌(表皮)は大人より薄く、外部刺激や乾燥から肌を守るバリア機能の形成に重要な角層は大人の約3分の2程度、保水力も約2分の1程度しかない。
そのため、赤ちゃんの肌は大人と比べて、刺激に対する抵抗力(バリア機能)が弱く、敏感だ。

赤ちゃんの敏感な肌にとって、紙おむつとのこすれは大きな刺激となる。
それによって、バリア機能が壊れてしまい、内側から水分が失われて乾燥することで肌トラブル※(炎症反応)が起きやすくなりなるのだ。
(※おむつが触れる箇所でかぶれなどが生じている状態のこと)

「エリエール贅沢保湿」の保湿成分を採用、しっとり感が約40%UP! 大王製紙株式会社では、「エリエール贅沢保湿」の持つ保湿力を「グーンプラス」 の表面に生かし、しっとりなめらかな質感で、赤ちゃんの肌を紙おむつとのこすれによる刺激から守るシートを実現。

保湿成分を表面シートに含ませることにより、おむつ表面の水分量が同社従来品と比較して約40%(37.6%)アップすることがわかっている。
表面シートの水分量がアップすることで、しっとりとなめらかで、肌にやさしい紙おむつを実現した。

肌への刺激となるゆるゆるうんちを素早く吸い込む「穴あき吸収シート」「グーンプラス 敏感肌設計」で新たに採用した「穴あき吸収シート」は、なめらかな繊維で手触りもよく、また、ゆるゆるうんちのような固形分を含んだ成分でも吸収しやすいように穴をあけている。
この穴により、ゆるゆるうんちの吸収性を向上させるとともに、繊維を特殊加工することで、おしりにうんちが付着しにくくしている。

保湿成分と極細繊維でなめらかな質感を実現また、表面シートに使用する不織布繊維も同社従来品と比較して、さらに細い繊維を使用。
保湿成分の配合とキメの細かいソフトな風合いを出す極細繊維により、赤ちゃんの肌に触れる部分の摩擦抵抗を減らし、肌を傷つけにくいなめらかシートが実現した。
同社従来品と比較して約4割も滑りやすく、かつなめらかさが約2倍となっている。

赤ちゃんのおむつかぶれに悩む方は、2020年10月21日(水)の発売をお見逃しなく。

【参考】
※公式サイト
https://www.elleair.jp/goo-n/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング