冬場のアトピー性皮膚炎悪化予防にはビタミンD!?

美容最新ニュース / 2014年10月13日 8時0分


冬季のアトピー性皮膚炎(湿疹型)に対するビタミンDの効果マサチューセッツ総合病院(米国)は2009年2月から3月に、モンゴルの国立皮膚センターと協力してウランバートル(モンゴル)在住の107人の子どもを対象に冬季のアトピー性皮膚炎に対するビタミンDの効果を調べる臨床試験を行いました。

この研究は、ボストンで行われた小規模試験の結果を二重盲検比較試験で確認することが目的です。

この研究成果は、Journal of Allergy and Clinical Immunologyの2014年10月号に掲載されています。

試験内容登録条件は年齢が2歳から17歳、湿疹の範囲と重症を使ったアトピー性皮膚炎のスコアが10から72で冬場に悪化するアトピー性皮膚炎であることでした。

経口でcholecalciferol(1,000 IU/日)飲む群とプラセボを飲む群に無作為に症例を割り付けました。投与期間は1か月です。

皮膚のクリームを子どもとその両親に渡し、アトピー性皮膚炎と基本的なスキンケアについて教育を行いました。

試験に登録した人数は107人で平均年齢は9歳、59%が男性でした。投与開始時の湿疹の範囲と重症を使ったアトピー性皮膚炎の平均スコアは21でした。試験を完結したのは104人でした。

プラセボに比較してビタミンDを飲む群では有意に湿疹の範囲と重症を使ったアトピー性皮膚炎のスコアが改善しました。副作用はありませんでした。

紫外線がビタミンDの合成を促進することから、重度のアトピー性皮膚炎に治療に紫外線が使われています。しかし、経口的にビタミンDを与えて、アトピー性皮膚炎の改善を二重盲検比較試験で実証したのは今回が初めてとのことです。

今後は成人におけるビタミンDの効果や通年性のアトピー性皮膚炎の子どもに対するビタミンDの効果を検討する必要があります。


【参考】
・マサチューセッツ総合病院 プレスリリース
http://www.massgeneral.org/about/pressrelease.aspx?id=1746

・Randomized trial of vitamin D supplementation for winter-related atopic dermatitis in children
Volume 134, Issue 4, Pages 831–835.e1, October 2014
http://www.jacionline.org/article/S0091-6749(14)01114-2/

美容最新ニュース

トピックスRSS

ランキング