資生堂、世界初“水・汗に触れても紫外線防御効果が落ちずに高まる”新技術開発

美容最新ニュース / 2014年11月8日 8時0分

常識を覆す革新的な新技術「WetForce」資生堂は11月7日、世界初“水・汗に触れても紫外線防御効果が落ちずに高まる”革新的な日やけ止めの新技術「WetForce(ウェットフォース)」の開発に成功したことを発表した。

肌に塗った日やけ止めが、水や汗に触れると膜が強固で均一かつ滑らかになり紫外線防御効果がさらに高まる、これまでの常識を覆す革新的な新技術で、来春発売予定の日やけ止め商品に応用予定という。

水や汗に含まれるミネラルと結合し均質な塗布膜をつくるこれまでの日やけ止めの技術では、水や汗に触れると紫外線防御効果がどうしても低下してしまが、資生堂は、水や汗に含まれるミネラルなどに着目し、「水や汗に触れることによって塗布膜の機能が高まり、紫外線防御効果を高められないか」という逆転発想で、新たな研究開発に着手。

その結果、「イオニックミネラルセンサー」を見出し、水や汗に含まれるミネラルと結合して日やけ止めの撥水性を高めるとともに、強固で均質な厚さかつ滑らかな塗布膜にする「WetForce」技術の開発に成功した。

資生堂は、同技術によって、生活のあらゆるシーンでより強力に紫外線から肌を守る日やけ止めを提供するとしている。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
・資生堂 プレスリリース
http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2356-j.pdf

美容最新ニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング