microdiet.netレポート 太りにくい揚げ物の食べ方

美容最新ニュース / 2014年12月22日 18時0分

絶対に読んでおきたい調査レポート12月18日、サニーヘルス株式会社が運営するダイエット情報発信サイト「microdiet.net」にて揚げ物の太らない食べ方に関する調査レポートを公開した。

魅惑の揚げ物高カロリーで高脂肪の食べ物といえば揚げ物。なぜかダイエット中に無性に食べたくなることが多い揚げ物。細くて華奢な女の子にかぎって好物だったりする揚げ物。みんな大好き揚げ物。

そんな魅惑の食べ物、揚げ物は食べ方を工夫することでダイエット中でも食べることが可能になる。

脂肪分を吸収させにくくする揚げ物だけ食べず、他の食材と一緒に食べる。食物繊維には脂肪の吸収を抑える働きがあるので、野菜やきのこ、海藻などを副菜に取り入れる。

他の食材と揚げ物を一緒に食べることで、少しの量の揚げ物でも満腹感を得ることもできる。

脂肪の代謝・消化を助ける脂肪を代謝してエネルギーに変えるために、ビタミンB2が多く含まれる肉や魚、チーズやマイタケ、エリンギなどを一緒に食べる。

酵素には脂肪の吸収を緩やかにし、代謝を促進する働きがある。生の食べ物に含まれるので、生野菜のサラダを副菜に加えたり、揚げ物にレモン汁をかけたり大根おろしと一緒に食べるのも有効。

食べる時間帯に注意一日頑張ったご褒美に夕食に揚げ物をたべたいところだが、体脂肪を蓄積させないためには昼食に食べるようにしたい。

朝食では起床間もないため胃腸に負担がかかりやすく、夕食だと食後に消費するエネルギーが少ないため体脂肪になりやすい。昼食であれば食べた後に意識的に体を動かしてエネルギーを消費することも可能だ。

揚げたてを食べる油は時間とともに酸化する。酸化した油は生活習慣病の原因にもなる過酸化脂肪酸に変化していることが多い。家で揚げ物を作る際には酸化しにくいオリーブオイルやキャノーラ油を選ぶようにしたい。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
・「揚げ物の太らない食べ方ってあるの?」microdiet.netレポート(PR TIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000273.000001593.html

・ダイエット情報発信サイト microdiet.net
http://microdiet.net/

美容最新ニュース

トピックスRSS

ランキング