え?「しわ」って治療できるんですか?

美容最新ニュース / 2015年8月31日 18時0分

「しわのしわざ」第2弾2015年8月28日、アラガン・ジャパン株式会社は、しわに悩む女性に向けた啓発キャンペーン第2弾を8月31日から10月29日まで行うことを発表。

「しわのしわざ」と名付けられたこのキャンペーンは今年の春に第1弾が展開された。この時の反響が大きく、しわ治療についてさらに多くの人が理解できるよう第2弾の実施が決定されたのだ。

今回の「しわのしわざ」キャンペーンは、しわやたるみができる仕組みや治療の選択肢をわかりやすく解説したウェブサイトや新聞や雑誌などの広告、しわ治療を実施しているクリニックでの冊子配布などによってしわの仕組みや治療について理解を深めることを目的としている。

女性は皆、若く見られたい同社が行った20代から60代の女性を対象としたインターネット調査の結果、約70%の女性が実年齢より若く見られたいという願望を持つことが明らかに。さらに、40代以上では実年齢よりも5歳以上若く見られたいという願望を持つ女性が約90%を占めていた。

この結果から、ほとんどの女性は実年齢よりも若く見られたいと思っていることがわかる。

しわやたるみなどは皮膚だけの問題ではない。骨格や筋肉、皮下組織など顔全体の組織が加齢によって立体的に変化することでしわやたるみができあがる。

同社が提唱している治療法は、できてしまったしわを内側から埋めるのではなく、しわの原因となる組織にヒアルロン酸製材やボツリヌス製剤を用いた治療を施すことで、加齢による組織の構造変化を立体的に改善するというものだ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
・アラガン・ジャパン株式会社 プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/71223

・「しわのしわざ」ウェブサイト
http://www.shiwachiryo.com/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング