「ガラケー女」デマを流された女性と弁護士の戦い 「叩きたい」安易な拡散に警鐘

弁護士ドットコムニュース / 2019年8月20日 15時21分

写真

関連画像

茨城県守谷市の高速道路で起きたあおり運転事件では、事態の一部始終をとらえたドライブレコーダーの映像が話題となった。この際、被害にあった車にガラケーを向けて撮影している女性に関するデマがネット上で広まった。

ネット上では8月16日に男性が指名手配され、氏名が明らかになった後から、車に同乗していた女性を特定する動きが加速。男性がインスタグラムでフォローしており、映像の女性とサングラスや服装が似ているという理由だけで、別の会社役員の女性が「ガラケー女」とデマを流された。

こうしたデマに対し、間違われた女性と代理人の小沢一仁弁護士は8月18日、「情報は全く事実無根のもの」と声明文を発表。小沢弁護士の元にはデマを拡散した人から20数件の「謝罪メール」も届いている。

「正義感に基づくものだとしても、安易なデマ拡散は違法行為になりうる。ネット上の根拠のない情報を信じ込んで拡散する前に、よく考えてほしい」と話す小沢弁護士に、今回のデマ拡散の経緯とあいまいな情報を拡散する法的リスクについて聞いた。(編集部・出口絢)

●デマの発端はツイート

ーーデマの発端は何でしたか

デマの発端は、8月17日早朝に呟かれたツイートでした。

17日午前4時ころ、女性のインスタグラムのスクリーンショットと共に「#ガラケー女 ●●(女性のフルネーム)」と呟くツイートがありました。

また、その後、同じく女性のインスタグラムから転載した顔写真と共に「あおり運転 指名手配犯 ガラケー女 ●●(女性のフルネーム) 拡散希望」といったつぶやきがありました。

デマはどんどん広がっていき、朝起きて事態に気付いた女性は17日午前7時、自身のFacebookに「起きたら犯罪者扱いされててびっくりですが完全に事実と異なりますので無視してください」と投稿しています。

その後も、女性が代表を務める会社には電話が相次ぎ、女性のフルネームはツイッターのトレンドにも入りました。また、女性のインスタグラムには「捕まれBBA」「ガラケーババア」「反省して出頭してください」などの誹謗中傷が殺到しました。

17日午前に女性から相談を受け、まずは警察に相談に行くこと、そしてデマを否定する声明文を出すことを提案しました。

ーーこうしたデマが拡散した場合、当事者から情報発信することが有効ですか

間違った情報が流れて炎上状態になっているときに、当事者から正式なものとしてリリースを出すことには一定の効果があると考えます。特に、今回のように明らかに間違っている情報の訂正は、原則として早めに行った方が良いと思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング