階下からのタバコの煙で窓も開けられない!ベランダでの喫煙を「止めて」と言えるか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年11月30日 12時15分

写真

関連画像

そろそろ部屋の中が乾燥する時期になってきた。健康のためには換気を意識的に行ったほうがいいだろう。だが、マンション暮らしでありがちなのが、新鮮な空気を入れようと窓をあけたら、他室の居住者がベランダでタバコを吸っていて、その煙が部屋の中に入り込んでしまうというケースだ。

自室の壁や空気を汚したくないのか、はたまた家族から追い出されてしまうのか、寒空の下、ベランダでタバコを吸う人は多い。夜のマンションに、タバコの火がぽつり、ぽつりと点灯していることから「ホタル族」なんていう俗称まである。

他人のタバコの煙を吸わされる側からしてみれば、はた迷惑な話だろうが、「ホタル族」は「ベランダでタバコを吸うぐらいは認めてくれよ」と言うに違いない。はたしてマンションの「ベランダでの喫煙を止めて」と訴える法的な権利はあるのだろうか。それとも、それぐらいは我慢しなければならないのだろうか。不動産問題にくわしい瀬戸仲男弁護士に聞いた。

●マンションの規約を確認してみよう

「喫煙者にとってタバコの臭いは気にならないかもしれませんが、嫌煙者にとってはタバコの臭いは大変イヤなものです。

ベランダに干しておいた洗濯物にタバコの臭いが着いたり、煙ではなくても上階から灰や吸い殻が落ちてきたりしたら、大いに腹が立つでしょう。

あるいは、火の着いたままのタバコが落ちてきて、やけどや火事になったりしたら一大事です」

瀬戸弁護士はこのように切り出した。こうした問題に、法的対処は可能なのだろうか。

「まず、分譲マンションについて考えます。ベランダは『共用部分』と言われるものですが、この共用部分について『各共有者は共用部分をその用法に従って使用することができる』ことになっています(区分所有法13条)。

ベランダ(バルコニー)等については『専用使用権』が設定されていることが多く(マンション標準管理規約14条1項)、その場合は原則として、専用使用権者が自由に使用できます。

ベランダについて喫煙禁止(火器禁止)を定める場合には、管理組合の総会で規約または使用細則を設定、変更しなければなりません」

そうすると、まずは自分が住んでいるマンションの規約や使用規則を確認してみるのがよさそうだ。もし、そこで喫煙が禁止されていない場合は、漂ってくるタバコの煙を我慢しなければならないのだろうか。

●マンション住人の「共同の利益」に反するなら、止めさせられる

「喫煙行為によって、住民全体が迷惑を被っているなら、『区分所有法』の6条1項が役に立つかもしれません。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング