摘発報道が相次ぐ「あおり運転」 結局、なにをやったらダメなの?

弁護士ドットコムニュース / 2019年9月22日 9時32分

写真

関連画像

「あおり運転」による死傷事故やトラブルの報道が相次いでいる。中には「あおり運転」に付随して、相手を殴ったり、エアガンを撃ったりする事件も発生している。

8月10日には、茨城県守谷市の常磐自動車道で、男性があおり運転を受けた後に殴られ、負傷する事件が発生した。傷害容疑で逮捕された会社役員の男性は、新たに強要容疑で再逮捕されたと報じられている。

「あおり運転」の厳罰化を求める声も上がる中、警察庁は「あおり運転」対策のため、道路交通法を改正する方針を固めたという(朝日新聞9月10日など)。

現行法に「あおり運転」そのものを取り締まるための規定はなく、「あおり運転」の定義も明確ではない。しかし、幅寄せや危険な追跡行為は「犯罪」となることもある。

具体的に、どのような行為が「犯罪」となるのだろうか。また、実際に被害を受けた場合はどのように対処すべきなのか。中川龍也弁護士に聞いた。

●幅寄せなどの「あおり運転」は道交法違反、5万円以下の罰金

ーー「あおり運転」としてよくあるのは、車間距離を詰めたり幅寄せしたりする行為だ。このような行為は「犯罪」にあたるのだろうか

「道路交通法は、直前の車両等が急に停止したときに追突するのを避けることができるよう、必要な車間距離を空ける必要があると規定しています。車間を極端に詰めてくる『あおり運転』は、車間距離の保持義務違反(道交法26条)となります。これは5万円以下の罰金に処せられる犯罪行為となります。

高速道路における車間距離の保持義務違反の罰則は、2009年に引き上げられ、3月以下の懲役または5万円以下の罰金に処せられることとなっています」

ーーほかに、どのような行為が「犯罪」にあたる可能性があるのだろうか

「車両が、後方から進行してくる他の車両の進路をさえぎる形で走行した場合には、加害車両は進路変更の禁止違反(道交法26条の2第2項)となります。これは5万円以下の罰金に処せられる犯罪行為となります。

また、暴走族などが、2台以上の自動車またはバイク(原動機付き自転車を含む)を連ねて通行させて、自由な通行を妨害したような場合には、共同危険行為等の禁止(道交法第68条)に該当します。これは2年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる犯罪行為となります」

●「暴行罪」「危険運転致死傷罪」が認められたケースも

ーー「道路交通法」違反以外に、どのような罪にあたりうるのだろうか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング