ある日突然、逮捕されたら・・・「弁護士」をどうやって呼べばいいの?

弁護士ドットコムニュース / 2013年12月7日 15時7分

写真

関連画像

人生、何が起こるか分からない。電車内で痴漢と疑われたり、なにかのはずみで他人にケガをさせるなど、自分が「容疑者」として逮捕される可能性は、誰にでもある。

そんな状況で頼りになるのが「弁護士」だが、警察によって自由を奪われ、携帯電話も取り上げられた状態で、どうやって連絡を取ったらいいのだろう。そもそも、困ったときに頼める弁護士を個人的に知っている人は決して多くないだろう。

ある日突然、逮捕され、「容疑者」になってしまったら、いったいどうすればいいのだろうか。弁護士に来てもらうための方法について、刑事事件にくわしい南川学弁護士に聞いた。

●すぐに会うことができるのは「弁護士」だけ

「逮捕された人は通常、警察内の留置場に収容され、携帯電話などの私物も取り上げられます。逮捕期間は72時間以内と定められており、この逮捕期間中は、家族や友人、会社の人たちと面会することはできませんし、電話で連絡をとることも一切できません。

すぐに会うことができるのは弁護士だけですので、 逮捕されたら、できるだけ早期に、弁護士に来てもらって面会することをおすすめします。弁護士と面会したり、弁護人を選任することは、憲法等で保障されている、逮捕された人の重要な権利です」

南川弁護士はこのように説明する。その際には、「●●弁護士をお願いします」と名指ししなければならないのだろうか?

「知り合いの弁護士を呼びたい場合は、警察に直ちにその弁護士を呼ぶよう要求することができます。

思い当たる弁護士がいない場合は、各地の弁護士会が運営する『当番弁護士制度』を利用して、弁護士を派遣してもらうことができます。逮捕された警察署などで直接、警察官に頼んで、当番弁護士を呼んでもらってください。

なお、当番弁護士制度は、未成年でも利用可能です。また逮捕された本人だけでなく、その家族も要請することができます。詳細は日本弁護士連合会のホームページ(http://www.nichibenren.or.jp/activity/criminal/reforming/kokusen_touban/keiben_c.html)に掲載されていますので、ご覧ください」

●早く弁護士を呼べばいくつものメリットがある

さて、その「当番弁護士」には、いったい何をしてもらえるのだろうか?

「当番弁護士制度は、弁護士が1回無料で逮捕された人のところに面会に行く制度です。面会した弁護士は、逮捕された人の疑問に答え、今後の手続の流れや保障されている権利について説明します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング