愛媛の自民党県議「選択的夫婦別姓は犯罪が増える」、サイボウズ青野社長らが猛抗議

弁護士ドットコムニュース / 2020年3月18日 13時50分

写真

関連画像

愛媛県議会で森高康行議員(自民党)が「選択的夫婦別姓は犯罪が増える」という趣旨の発言をしたことについて、サイボウズの青野慶久社長らは3月17日、謝罪と撤回を求める抗議文を森高議員や自民党などに対して送った。

これは、愛媛県議会に提出されていた選択的夫婦別姓制度を求める請願について、環境保健福祉委員会で議論された際、森高県議が3月10日に発言したもの。発言が報道されると、「意味がわからない」「根拠はあるのか?」などとネットで批判の声が高まっていた。

●「夫婦別姓によって子の犯罪や離婚が増えるという根拠は?」

抗議文を提出したのは、選択的夫婦別姓制度の導入を目指し、訴訟を行なっている原告の1人である青野社長、全国の議会に働きかけをしている団体「選択的夫婦別姓全国陳情アクション」(井田奈穂事務局長)、松山市の医師・富永喜代氏。

抗議文では、「県民の代表である県議が議会という公の場でされた発言が、(1)無根拠の偏見に基づく差別発言であること、(2)強制的に夫婦同姓を義務付ける現在の法律によってやむなく事実婚や結婚改姓を選ばざるを得ない国民も多い中、事実婚や選択的夫婦別姓への誤った認識を社会に印象づけるものであることに強い憤りを覚えます」などと訴えている。

その上で森高県議らに対し、次の2つを求めている。

1、夫婦が生まれ持った氏名で結婚したことにより、子の殺人などの犯罪や離婚が増えるという主張を裏付ける調査データを、氏名との因果関係を示す根拠とともに示し、説明するよう求めます。

2、1が不可能な場合、発言の撤回および謝罪を公表、公式ブログに掲載することを強く求めます。

抗議文は森高県議の他、自民党本部、愛媛県議会自民党、愛媛県議会事務局、自民党愛媛県支部連合会などにも送付されている。

なお、愛媛県議会は3月18日、選択的夫婦別姓制度を求める請願を不採択とした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング