「内定者研修の費用は自己負担です」 会社から請求されたら「拒否」できる?

弁護士ドットコムニュース / 2014年1月9日 12時55分

写真

関連画像

今春就職する予定の学生のなかには、すでに「内定者研修」を受けている人もいるだろう。だが、もしその内容が過酷なうえ、参加費用が「自己負担」だったら、あなたはどうするだろうか?

あるネットのQ&Aサイトに、内定研修の費用を自己負担させられたという大学4年生の相談が寄せられている。投稿によると、研修場所は内定先の不動産会社の合宿所。2泊3日で行われ、90人が参加したという。

「軍隊のような怒号を浴びながらマラソンをする」「通行人のいる駅前で、入社後の目標を叫ぶ」といった過酷な内容だった。さらに会社は、「社員ではなく内定者」という理由で、研修費用3万円の自己負担を求めてきた。

内定者研修は会社の都合で行われるのだから、むしろ「手当」があってもいいくらいだ。それなのに、今回の相談のように会社から「費用負担」を求められた場合、支払いを拒否したり、支払った研修費を返還請求したりできるのだろうか。井堀哲弁護士に聞いた。

●参加義務はないが、断るのは事実上難しい

「業務開始日前に業務命令に服する義務はありません。したがって、内定者が入社前研修に参加する義務はありません。研修に参加しなかったことを理由にした内定取消を、違法とした裁判例もあります」

法的なルールについて、井堀弁護士はこう説明する。しかし、その一方で、「内定者が入社前研修を拒否することは、事実上困難です」とも述べる。

たしかに、内定者研修に出なければ、入社前から目を付けられることになる。実際問題として、よほど特別な事情でもないかぎり、断ることはできないだろう。そうなると、費用について自費というのは不合理な気がするが……。

「研修費用をめぐる裁判は、『研修費用は会社持ちだが、入社後一定期間勤務しなかった場合には、受けた側に負担してもらう』という合意は有効か、という形で争われるケースが多いです」

企業側の視点でいうと、「すぐに会社を辞めるなら、研修費用を会社に返せ」と、内定者に約束させられるか、という裁判のようだ。「お金を払って研修を受けさせてあげたのに、すぐに辞められたら費用がもったいない」ということだろう。

●企業が研修費用を支払うべき条件とは?

こうした裁判では、どのような点がポイントとなるのだろうか?

「その研修が、(1)労働者の自由に委ねられておらず、(2)本人の受ける利益も小さく、(3)業務の一環と評価され、(4)研修後の労働者に対する拘束が強い場合には、労働基準法16条(損害賠償額の予定の禁止)に違反するとして、おおむね合意の効力が否定され、会社側の研修費償還請求が退けられています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング