「コロナ対策」と「弁護人の責務」のはざまで…法廷でのマスク着用拒否 どうすべきか?

弁護士ドットコムニュース / 2020年6月5日 16時50分

写真

関連画像

6月2日に開かれた東京地裁の裁判員裁判で、被告人の弁護人がマスクの着用を拒んだことが、大きく報じられた。

読売新聞(6月3日)によると、永渕健一裁判長が弁護人にマスク着用を求めたところ、弁護人の坂根真也弁護士が「被告の人生を決める重大な裁判だ。着用して全力で弁護するのは難しい」と拒否したという。

その後、弁護人に近い場所にいる裁判員の前にアクリル板を設置する対応をとった上で、約2時間半遅れて開廷したという。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためのマスク着用。今回の法廷でも、弁護人2人を除き、関係者全員が着用していたようだが、本人(被告人)のために全力を尽くすという「弁護人の責務」を前に、どのように考えればよいのだろうか。

刑事裁判に詳しい神尾尊礼弁護士は、法廷でのマスク着用について、「裁判の前の公判前整理手続や打ち合わせの段階で十分に議論を尽くした上で、最終的には当事者の判断を尊重すべき」と話す。

●東京地裁「統一的な対応方針は現時点ではない」

東京地裁は、弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「基本的な感染症対策を継続する『新しい生活様式』の定着が求められていることを踏まえ、裁判体において事件ごとに、弁護人をはじめとする訴訟関係人や傍聴人にマスクの着用を依頼している」と話す。

一方、今回のように、マスク着用の要望が弁護人に拒否された場合の対応について、「(東京地裁としての)統一的な対応方針は現時点ではない」とし、今後についても「現在決まっていることはない」という。

●「裁判体に懸念があるなら、事前に弁護人らと協議しておくべき」

神尾弁護士は、「弁護人の意見を尊重すべき」と話す。

「『裁判官の意向に反してマスクを着用しないのは、裁判員に与える印象が悪くなるのでは』、『弁護人に常識がない』という弁護人に対する批判をみますが、弁護人はそういったマイナス要素は当然織り込み済みのはずです。

マイナスになるかもしれないことも踏まえつつ、事案や証拠、被告人の供述内容などを最も把握している弁護人が、『マスクがあると全力で弁護するのが難しい』と言っているわけです。

したがって、少なくとも本件は、『マスクしないメリットが、裁判員などへのマイナスを上回る』事案といっていいと思いますし、弁護人の意見を尊重すべきでしょう」

今回の裁判所側の対応についても、「不意打ち的だ」という。

「本件では、弁護人は事前に『マスク着用が必要ならば裁判は時期尚早』と裁判体に伝えていたといいます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング