ハンドルネーム、源氏名に対する誹謗中傷も訴えられる? 風俗店勤務の女性からの相談

弁護士ドットコムニュース / 2020年6月15日 10時28分

写真

関連画像

匿名掲示板に源氏名で悪口を書かれている女性が、弁護士ドットコムニュースのLINEに「誹謗中傷という扱いになるのでしょうか」と質問を寄せました。

女性はデリバリーヘルスで勤務しています。本番行為は一切なく、お金を受け取ってすることもありません。しかし、匿名掲示板に「●●(源氏名)は誰とでも本番行為をしている」、「俺も●●に本番を誘われた」など、事実無根の書き込みをされています。

店に相談しても「嫌なら見なければいい」と一蹴されてしまいました。女性は「書き込んだのが利用かどうかも全くわかりません。嘘をあたかも事実のように書かれていて不快です」と困り果てているようです。

実名ではなく源氏名で誹謗中傷された場合も、法的な問題は生じるのでしょうか。田中伸顕弁護士に聞きました。

●ハンドルネームなどでも、名誉毀損は成立する

ーーハンドルネーム、源氏名、Twitterのユーザー名などに対する誹謗中傷でも、名誉毀損の成立が認められるのでしょうか

実名以外の名前を誹謗中傷する書込みであっても、名誉毀損等は成立する余地があります。

名誉毀損等といった権利侵害が成立するためには、その書込みが誰についての書込みか閲覧者に分かる、という特定性が認められなければなりません。

そこで、裁判例においては、一般読者の普通の注意と読み方を基準として解釈して、その書込みが誰についての書込みなのか読み取ることができるかにより特定性の有無が判断されています。

つまり、閲覧者が、その書込みや前後の文脈などを見て、誰についての書込みか読み取ることができれば、特定性が認められることになります。

そのため、ハンドルネームや源氏名をあげて誹謗中傷する書込みをされたとしても、閲覧者において、特定の人物についての書込みであると分かれば、特定性が認められることになります。

ーー過去の裁判でも、源氏名で名誉毀損などが認められていますか

過去の裁判例においても、ハンドルネームや源氏名に対する書込みであっても、特定性を肯定して名誉毀損等を認めたものがあります。

ただ、源氏名は、比較的シンプルな名前の場合があり、他の店舗のキャストと源氏名が被ることがあります。

そのような場合、問題となっている書込みだけでなく、前後の他の書込みや、その書込みがされたスレッドのタイトルなどの情報から、どこの店舗に所属するキャストのことであるか説明が必要になるケースがあるため注意が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング