道交法の新ルール「無免許運転同乗罪」 免許ない車に乗り合わせただけでアウトなの?

弁護士ドットコムニュース / 2014年1月27日 18時37分

写真

関連画像

免許を持っていない同僚に車を運転させ、その車に同乗した男性会社員が1月上旬、書類送検されたと報じられている。男性会社員は昨年12月、都内で摘発され、「運転に自信がなかった」などと、容疑を認めているという。

自分が無免許運転をした場合だけではなくて、こんな場合にも「犯罪」とは初耳だったが、実はこれ、昨年12月施行の改正道路交通法で設けられた新ルールで、摘発は首都圏では今回が初めてだそうだ。

この新ルール、具体的にはどんな内容なのだろうか。また、なぜ、そんなルールが設けられたのだろうか。交通問題にくわしい前島申長弁護士に聞いた。

●処罰されるのは無免許運転を「要求・依頼」したとき

「今回の事例は、昨年12月1日施行の改正道路交通法改正で新設された『無免許運転同乗罪』(法64条3項)が適用されたケースです」

無免許運転同乗罪とは、いったい何なのだろうか? 単に無免許の人が運転する車に乗り合わせたような場合でも、罪に問われてしまうのだろうか?

「いいえ、単に無免許運転の車に同乗しただけでは、罪とはなりません。

今回新設された無免許運転同乗罪では、運転者が免許を受けていないことを知りながら、その運転者に自動車等を運転して自己を運送することを『要求・依頼』して同乗した場合に、処罰が限定されています」

●悪質・危険な無免許運転の根絶が狙い

どうして、そんなルールができたのだろうか?

「この無免許運転同乗罪は、悪質・危険な無免許運転を根絶するため、整備されたものです。

実は従来も、無免許運転を手助けした人については、刑法のほう助犯(手助けをすること)が適用され、処罰される場合もありました。

しかし従来、実際に処罰されるのは、無免許の人に運転方法を指導・助言して運転させた場合(指導ほう助)や、無免許運転者に対し自動車を貸した(貸与ほう助)ような、特に悪質な場合に限定されていました。

そこで今回、従来の無免許運転のほう助犯よりも、処罰対象となる範囲が事実上広く、刑罰も重い、『無免許運転同乗罪』が新設されたのです。

法定刑は、2年以下の懲役または30万円以下の罰金です」

今回の法改正では、無免許運転そのものの罰則も、《1年以下の懲役または30万円以下の罰金》から、《3年以下の懲役または50万円以下の罰金》に引き上げられている。悲惨な交通事故を減らすためのルール整備は、いまなお進んでいるようだ。

(弁護士ドットコム トピックス)

【取材協力弁護士】
前島 申長(まえしま・のぶなが)弁護士
前島綜合法律事務所代表弁護士 大阪弁護士会所属
交通事故・労災事故などの一般民事事件、遺産分割・離婚問題などの家事事件を多く扱う。交通事故については、被害者側の損害賠償請求の他に加害者側の示談交渉・刑事弁護も扱う。
事務所名:前島綜合法律事務所
事務所URL:http://maeshima.lawer.jp/

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング