法と仏の教えで「俗世の苦しみ」に向き合う  僧籍を持つ本間久雄弁護士の生き方

弁護士ドットコムニュース / 2020年7月5日 9時20分

仏教とは、そうした乾いた人間の世界に潤いをもたらす存在ではないかな、と思っております」

●「将来は仏教を学ぶ学生に法教育を」

将来は、宗教法人法の分野を開拓したいと語る。

「まだまだ未開拓の分野です。たとえば、企業法務だと、いろいろ大きな事務所があり、組織的な対応をしています。同じように、事務所を弁護士法人化するなどして、組織的に取り組んで、寺院法務、宗教法人法務という分野を確立していきたいなと思っています。

『月刊住職』を見ていただくとわかりますが、たとえば修行中にハラスメントがあったり、まだまだガバナンスが行き届いていないところもあります。そういう分野についても、従前からある宗教の伝統を損なわないかたちで、現代のガバナンスを導入して、宗教界に法律を浸透させていけたらと思っています」

ロースクール時代、多様な人材が集まっていたが、お寺出身者も少なくなかった。今、そうした弁護士たちと「横の連携」を作っているという。

「2カ月に1度くらい、宗教法人法の勉強会があります。そういう場でお寺出身の弁護士で集まったりしていますね。ほかにも、宗教法人を専門にやっていらっしゃる税理士や行政書士、社労士の方々がいらっしゃるので、そういう士業が連携して、ワンストップサービスを提供できたらいいなあと話しているところです」

寺院法務の本を書くなど、後進の育成にも力を入れている。仏教界と法曹界をつなぎたいという願いからだ。

「現在、仏教系である立正大学の監事もやっておりますので、今後は、学生の法教育にも力を入れていきたいです」

【本間久雄弁護士略歴】

都内の寺院を実家に生まれ育つ。2005年に東京大学法学部第一類(私法コース)卒業後、慶應義塾大学法科大学院在学中、僧籍を得るために約1カ月の修行に。法科大学院卒業後、2007年に新司法試験合格。2008年、第二東京弁護士会に入会。2010年には現在の横浜関内法律事務所に入所、横浜弁護士会(現・神奈川県弁護士会)に入会。寺院法務の専門家として、法律相談に乗ったり、メディアで法律解説を行う。宗門校である学校法人立正大学学園監事も務める。趣味は散歩とハイキングで、休日は三浦半島や多摩の里山をめぐることが多い。主な著作に「寺院の法律知識-適正な運営と紛争の予防-」(新日本法規、共著)、「葬儀・墓地のトラブル相談Q&A」(民事法研究会、共著)、「Q&A宗教法人をめぐる法律実務」(新日本法規、共著)、「マンション・団地の法律実務」(ぎょうせい、共著)など。寺院の専門誌「月刊住職」でも法律相談を連載している。マンション管理士、1級ファイナンシャルプランニング技能士などの資格も持つ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング