無断駐車している車に「次ここに止めたら殺す」と張り紙・・・「脅迫罪」になるか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年1月30日 20時2分

写真

関連画像

「違法駐車禁止 次ここに止めたら お前とお前の家族を殺す 必ず殺す」。マンションの敷地内に無断で駐車していた車に、このような張り紙をしたという書き込みが、ネット掲示板に投稿されて、話題になっている。

一連の書き込みによると、この人物のマンションの敷地内に3日間にわたり無断駐車がされていたのだという。自分自身はお金を払って駐車場を利用していることから、腹を立て、その車のフロントガラスに、目立つように大きな字で張り紙を貼ったというのだ。

ことの真偽は不明だが、もし本当にそういった内容の張り紙をしていたのだとしたら、脅迫罪などになってしまうのだろうか。一方で、マンションや店舗の敷地内などの私有地への無断駐車を発見した場合、どのように対処するのがよいのだろうか。東山俊弁護士に聞いた。

●「脅迫罪」が成立する可能性がある

違法駐車された自動車に「殺す」という張り紙をした場合、脅迫罪に問われるのだろうか?

「こうした張り紙は一種の警告ですが、危害を加えるおそれを感じさせるものですので、脅迫罪が成立する可能性があります。

もっとも、それだけで起訴されたり実刑になったりするほど重大な罪ではないと思われます」

東山弁護士はこのように指摘する。では、逆に、とても迷惑な「無断駐車」は、犯罪とはならないのだろうか?

「道路交通法が禁止しているのは、『駐車禁止の場所』への駐車ですので、私有地に駐車しても道交法違反にはなりません。

警察に通報しても、警告くらいはしてくれるかもしれませんが、一般的にはそれ以上のことはしてくれないでしょう。

無断駐車を予防する方法としては、無断駐車禁止の張り紙をすることが考えられます。また、プランターや工事現場に置いてあるようなカラーコーンを設置することも有効でしょう」

●個人で対処するのは難しい側面がある

もし、そういう対策をとっているのに無断駐車をされてしまったら?

「自分で動かしたい、と思われるかもしれませんが、勝手に自動車を撤去することは、『自力救済の禁止』といって認められていません。

また、駐車している自動車に、直接何らかの手を加えると、自分が器物損壊などの罪に問われる可能性があります。

他人の自動車を強制的に撤去するためには、撤去や駐車差し止めなどを求める裁判を起こし、勝訴判決を得たうえで強制執行、というように段階を踏む必要があります」

たとえば相手を訴えて、損害を賠償してもらうことはできるのだろうか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング