好きな本を読んで、仕事に役立つ「記憶力」と「思考力」を鍛える 木山泰嗣教授が語る「読書術」

弁護士ドットコムニュース / 2020年7月27日 10時1分

写真

関連画像

「教養としての『税法』入門」など計58冊の単著がある、青山学院大学法学部の木山泰嗣教授(弁護士)が6月に「『記憶力』と『思考力』を高める読書の技術」(日本実業出版社)を上梓しました。自身の経験から、これまで本を読んでこなかった人でも、小説や新書、ビジネス書など、好きな本を楽しく読む習慣を身につけることで、「記憶力」や「思考力」が高まるとして、その方法論を解説しています。木山教授に詳しく聞きました。(ライター・国分瑠衣子)

●司法修習で気付いた「早く正確に読む力」

――なぜ読書が大切なのでしょうか。

「これまで税法の研究者、弁護士として、大量の文章を読んできたのですが、資料や判例を素早く正確に読む力がどこからきているかを10年、20年のスパンで考えた時に、日常的に読書し続けていることが大きな力になっていると感じました。

仕事を離れても本を読んでいる習慣が、長い目で見ると文章を読む力を培っているのではないかということが今回の自著で伝えたかったことです」

――仕事とは直接関係のない読書で、なぜ力が鍛えられるのでしょうか。

「私は29歳で弁護士になりました。司法修習生になった時に、周りには非常に優秀な同期がたくさんいました。司法修習の研修では、100ページほどの過去の裁判事件を加工した資料を読んで起案することが求められます。

私は読むだけで精一杯で、書かれている事実関係をその場で整理するということがとても苦手でした。でも、周囲は苦もなくできている人が多かった。『なぜ早いのか』と聞いたら『本を読むことはないの?』と聞き返されることが多かったのです。

司法試験の勉強はしてきましたが、本を読む習慣はなかったので、早く正確に読む力は、司法試験の勉強とは別なのではないかと感じました。

読書の効能としては、読解力と読むスピードの向上があります。強制的に読書をやらされるのではなく、根気よく、楽しく、ゆっくり読むことを継続することによって、読解力が得られ、そこから記憶力と思考力が鍛えられます」

●読書した後に体験することで、記憶のためには効果的

――著書では、読書を終えた後に身体を動かすことが、記憶するにはとても良いことだと述べていて、共感しました。

「普段、本を読むのは電車の中やカフェです。読んだ後に歩くと本の内容が反芻されます。私は子どもが小さい時から一緒にカフェに行き、私が読書をしている間、子どもにiPadを渡して好きなことをやらせていました。カフェを出て、歩いている時に読んだ本の内容を子どもに話して聞かせたりしました。そうすることでつい先ほどまで体験した読書を再現できます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング