夫と「セックスレス」で離婚を決意した40代女性、「子どもがほしい」夢かなわず…慰謝料請求できる?

弁護士ドットコムニュース / 2020年8月10日 8時50分

写真

関連画像

夫婦にとって、セックスレスは時に離婚の理由にもなり得る。東京都に住む会社員のヒロコさん(40代女性)も、その一人だ。

ヒロコさんが夫とセックスレスになったのは、結婚してすぐのことだった。子どもを望んでいるのに、「疲れている」「忙しい」ことなどを理由に拒否され続ける日々。夫とは何度も話し合いを重ねてきたが、状況は改善されなかった。

周囲に「子どもは?」と言われる度に、虚しさに襲われたという。ヒロコさんは自信をなくし、心療内科を受診するようにまでなった。

「最後に話し合ったときは、お互いに感情的になり、大げんかになりました。夫には『毎日、缶ビール6本も飲む女は抱きたくない』『家にいるときはジャージや部屋着。女性として見られない。そもそも、お前が悪いんだけど』と言われました」(ヒロコさん)

●「セックスレスの継続」を理由に離婚は認められる?

「完全に女性として否定された」と感じ、夫との離婚を決意したヒロコさん。子どもをもつことが夢だったが、「もう40代なので、正直諦めなければいけないと思っています。やるせない」と語る。

民法が定める離婚事由に「セックスレス」は明記されていない。では、セックスレスの継続を理由とする離婚は認められるのだろうか。

離婚問題に詳しい木下貴子弁護士は、つぎのように説明する。

「家族社会学の研究者の著書によると、結婚の機能として『個人に対する性的欲求充足の機能』が挙げられています。また、夫婦は原則として性関係を予定しており、『生殖の正当化を含み、自分の子が欲しいという願望を充足させる』のが夫婦であると考えられています。

そのため、特別に『性交渉しない・子どもを作らない夫婦となりましょう』という合意をしない限り、性交渉をし、子どもを持ちたいと求め合えるのが夫婦であると考えられます。

したがって、セックスレスの継続は、民法770条1項5号の『その他、婚姻を継続し難い重大な事由があるとき』に該当し、離婚が認められうるでしょう。

実際に『婚姻が男女の精神的・肉体的結合であり、そこにおける性関係の重要性に鑑みれば、病気や老齢などの理由から性関係を重視しない当事者間の合意があるような特段の事情のない限り、婚姻後長年にわたり性交渉のないこと』は、原則として婚姻を継続し難い重大な事由にあたるとする裁判例(昭和62年5月12日京都地裁判決)もあります。

ただし、性交渉をしないことについて『合理的な理由』がある場合には、セックスレスだけでは離婚が認められないこともあるでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング