ゲーム実況の無許諾配信とどう向き合う? 弁護士「メーカーの利益を尊重すべし」

弁護士ドットコムニュース / 2020年8月29日 8時8分

写真

関連画像

YouTubeなど動画投稿サイトの人気ジャンル「ゲーム実況」で、このところ大きな動きが起きている。ゲーム会社が著作権などを理由に、個人や法人の無許諾配信を認めない方針を明らかにしているのだ。

無許諾配信はこれまで「見て見ぬふり」をされていた側面もある。ゲーム実況の環境整備の流れを振り返るとともに、YouTuberでもある藤吉修崇弁護士に、これからの課題を聞いた。

●口火を切ったのは任天堂

ゲーム実況の世界に大きな影響を与えたのが、業界最大手の任天堂が示した指針だ。2018年11月29日、動画配信について「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を発表した。

これは、任天堂が著作権を有する動画や静止画などについて、YouTubeなどネットワークサービスへの投稿の際に、著作権侵害に該当するか判断するもの。

このガイドラインに従えば、「個人」がゲーム実況を投稿して、収益化することが認められていた(任天堂が適法と判断したものに限る)。

法人による投稿を対象外としていたが、2020年6月1日、ガイドラインが改定された。

「UUUM」や「いちから」など、任天堂と著作物利用に関する包括的許諾契約を結んだ4つの企業(8月1日時点で計7社)については、企業に所属する投稿者も、個人と同じようにゲーム実況で収益化することを認めたのだ。

これによって、UUUMが提携する吉本興業のタレントも投稿で収益化することに問題なくなった。

ところが、任天堂が許諾を出しているゲーム実況サイドの企業名を明確にしたことで、そのほかの企業におけるゲーム実況が無許諾で行われているとの指摘がファンから相次いだ。

●カプコンやセガもあいつぐ発表

そのような動きのなかで、トラブルも顕在化した。バーチャルYouTuber(Vtuber)の事務所「ホロライブプロダクション」などを運営している「カバー」が、無許諾でゲームを配信していたとして「カプコン」からユーチューブの動画を削除されたのだ。

ホロライブ所属Vtuberによるゲーム実況動画の削除について、カプコンは弁護士ドットコムニュースの取材に「企業として利益を上げる限りは、使用許諾を取ってご使用頂きたいと考えております」との考えを示した。

前後して、著作者である各ゲームメーカーと、ゲーム実況をおこなうプロダクション側で、包括契約の動きが次々と進んでいる。

たとえば、「セガ」は7月13日にUUUMと、8月3日には「いちから」と包括契約を結んだ。この際、UUUMは「ゲーム市場においても、健全なゲーム実況動画によるタイトル認知向上や、幅広い層への訴求効果が期待され、注目を集めています」と発表している。

●個人による実況を禁じるメーカーも

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング