DJが作る「ミックスCD」 さまざまな楽曲の「無断利用」は法的に問題ないの?

弁護士ドットコムニュース / 2014年2月6日 11時2分

写真

関連画像

DJがいろんな曲をつなぎあわせて、ノンストップで聴けるようにした「ミックスCD」。欧米発祥で、もともとは路上などで販売されていたものだが、最近は日本のメジャーレーベルが発売したミックスCDが十万枚以上の売上を記録するなど、国内にもかなり浸透してきたようだ。

一方、インターネット上で大量に公開されているミックスCDは、多くの場合『元の楽曲』の権利者の許可を得ないで作成されているとして、以前から論争の的となっている。

ミックスCDを作っているDJの側からは、「原曲そのままではないからOK」「楽曲の宣伝の効果もある」といった声も聞こえてくるが……。他人の楽曲を無断利用してミックスCDを作り、それをネットで公開しても、法的には問題とならないのだろうか。著作権にくわしい高木啓成弁護士に聞いた。

●「作詞者・作曲者」の権利を侵害することになる

「ミックスCDの音源をネットで無断公開することは、素材となっているそれぞれの原曲の著作者や、レコード会社などがもつ権利を侵害するため、違法となります」

高木弁護士はこのように切り出した。どうしてそうなるのか、理由をくわしく教えてもらおう。

「ミックスCDには、素材となる原曲があります。原曲については、それぞれの作詞者・作曲者が著作権をもっています。

著作権は『公衆送信権』という権利を含んでいます。これは、『著作物を、放送・有線放送、インターネットなどで公開する権利』として、著作権者だけに認められているものです。

したがって、著作権者に無断でミックスCDの音源をネット公開することは、著作権を侵害することになります。

なお、実務上は、作詞・作曲者のもつ著作権は、音楽出版社に譲渡され、さらに、JASRACなどの著作権管理事業者に信託譲渡されていることが一般的です」

●「レコード会社」の権利侵害にもなる

「また、それぞれの原曲の音源を制作したレコード会社などは、原曲の音源について、『レコード製作者の著作隣接権』という権利をもっています。これは、レコード(音源)の製作に多額の費用をかけた製作者の利益を保護するため、認められている権利です

なじみのない言葉が続くかもしれませんが、この『レコード製作者の著作隣接権』は、『送信可能化権』という権利を含んでいます。これは簡単に言うと、『聴衆に届けるために、音源をネットのサーバーなどに置く権利』のことで、無断でミックスCDの音源をネット公開することは、レコード会社が持っているこの権利も侵害することになってしまいます」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング