レシピ本をもとに料理→SNSにアップ…著作権侵害になるの?

弁護士ドットコムニュース / 2020年9月9日 10時13分

写真

関連画像

料理をSNSやブログにアップするほど好きな人にとっては、作るだけでなく、そのレシピをシェアすることも楽しみの一つなのかもしれない。ただ、そのレシピはオリジナルのレシピなのだろうか。

都内の主婦・エリコさん(40代)は、自分が作った料理のレシピをSNSにアップすることがある。根っからの料理好きのエリコさんは「これまでにたくさんの料理本や料理番組をみてきました。自分としてはオリジナルのつもりでも、簡単な和え物など料理によっては、これまでに見たプロの料理家と同じレシピになっているかもしれません」と話す。

そこで、SNSにアップすることが、著作権法に違反するのではないかと気になっているそうだ。プロの料理家が本や料理番組で教えたレシピを自分のブログやSNSで紹介した場合、著作権法違反となる可能性はあるのだろうか。あるいは掲載する場合、出典を明示すればよいのだろうか。著作権問題に注力する佐藤孝丞弁護士に聞いた。

●著作権侵害になるケースは限られる

ーーレシピは著作物にあたりますか。

そもそも料理等のレシピ自体はアイデアに過ぎず、著作物ではないとされます。したがって一般的に、レシピを使って料理をして、その料理をSNS等でアップロードする行為自体は、著作権侵害とならないといえるでしょう。

もっとも、レシピが文章等の手段により表現され、編集著作物(著作権法12条1項)や言語の著作物(同法10条1項1号)などに該当すれば、著作物として保護されます。

編集著作物においては、具体的な編集物を離れた、編集方法それ自体はアイデアであって保護の対象とはなりません。編集著作物にも該当しないレシピは、言語の著作物にも該当しないとことが多いです。

ーー編集著作物かどうかは、どう判断されますか。

編集著作物に該当するか否かの判断は、ケース・バイ・ケースです。

例えば、料理やシェフの写真、料理のレシピを選択、分類し、料理ごとに配列したものにおいて、「編集者の個性が表れているもの」とされた裁判例があります。

一方で、実用新案出願手続の際に提出された書面の本文中に、「ごはん」、「おにぎり」、「ふりかけ」、「具」、「型当て板」の各用語が記載されたレシピ部分について、著作物にあたらないとされた裁判例もあります。

ーー著作物のレシピ部分をSNSにアップすると、著作権侵害になるのでしょうか。

レシピを含む著作物であったとしても、その利用が直ちに著作権侵害となるとは限りません。 例えば、レシピの部分のみが類似していたとしても、編集著作物としての創作性を再現したといえなければ、編集著作物の複製権を侵害しない可能性があります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング