漫画「キン肉マン」スクショ問題で声明 ネタバレに「刑事告訴も」と週プレ、ゆでたまご「思いやり持って」

弁護士ドットコムニュース / 2020年9月10日 11時11分

写真

関連画像

人気漫画「キン肉マン」のウェブ漫画のスクリーンショット画像がツイッターなどSNSに投稿されていた問題で、作者の「ゆでたまご」(嶋田隆司さん・中井義則さん)と「週プレNEWS」(集英社)編集部が9月10日、対応について声明を発表した。

悪質な投稿については今後、刑事・民事上の責任を追及しうる考えを示した。キン肉マンは現在、紙媒体の「週刊プレイボーイ」とウェブ上で連載されている。

●刑事告訴も

編集部の声明では、漫画のスクショのSNSやブログへの無許諾投稿は、著作権の侵害にあたると説明。そのうえで「悪質な著作権侵害、ネタバレ行為(文章によるものを含みます)に対しては、発信者情報開示請求をはじめ、刑事告訴、損害賠償請求などの法的手段を講じることもあります」と注意喚起した。

問題の発端は、嶋田さんが9月1日、ツイッター投稿して、読者にスクショ投稿をやめるように訴えかけていたところから始まる。

「これ以上続けるなら集英社さんと共にそれなりの罰則をかんがえます。週プレでの紙の本をたのしみにしているんです。どうかスクショはやめてください」と呼びかけていた。

声明で、ゆでたまごは、漫画が紙だけでなく、ウェブにも掲載されることになり、「それだけ人によって読むタイミングも違ってきます」とし、いっそうのネタバレへの配慮が必要だとコメントした。

「誰かが悲しんだり、怒ったりするような可能性のあることは控えていただき、皆さんがお互いに思いやりを持って、楽しんでくれることを願います」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング