「我が子と会えない」母親たちが悲痛な訴え…不倫が発覚した元夫が「連れ去り」、子から届いた悲しい写真

弁護士ドットコムニュース / 2020年9月16日 18時21分

写真

関連画像

別居や離婚後、子どもと離れて暮らす親とが会う「面会交流」をめぐり、当事者団体が法改正などを求め、声をあげた。9月16日、東京・霞が関の厚労記者クラブで会見した「親子ネット」代表の武田典久さんらは「別居親=父親という固定観念があるが、実態はそうではない。この3年くらいで、子どもに会えないお母さんが増えている」と述べた。

会見には、子どもに会えない母親、祖母ら23人の女性当事者が参加し、自身の経験を話した。

●母に届いた『しね』『ババア』『バカ』と書かれた紙をもった子どもたち

「もう私はどこに助けを求めたらよいのかわかりません」

そう話したのは、3人の子がいる宇津木みどりさん(30代、仮名)だ。この3年間、子どもたちの顔を見ることはできていない。

「不貞を繰り返し、子どもたちをも巻き込む夫を信頼することは無理だと思い、家を出る決意をしました。ところが家を出る日、夫と義母に『子どもたちを連れて実家に来い』と言われて行くと、3時間罵倒され続けました」。

夜遅くなったことから、その日は子どもたちは夫の実家に宿泊することになった。翌日、迎えに行っても返してもらえず、そのまま別居が始まってしまった。夫の不貞や、子どもを義母に預けて不貞相手と同棲している証拠を出したものの、監護者は夫と指定されたという。

「(直接の面会交流は認められず)月に一度、写真が送られてくることになりました。送られてきた写真も、私が送った手紙を破っている写真や『しね』『ババア』『バカ』と書かれた紙を持っている写真、中指をたてたポーズをするものでした」(宇津木さん)

写真にショックを受けたが、そのような写真を撮らされている子どもの精神状態を心配した宇津木さんは、学校や自治体の相談センター、児童相談所に相談するも「虐待にはあたらない」などとして、対応はしてもらえずにいる。

●「連れ去り」をした元夫、親権が認められず「養育費、面会交流はなくなった」

親権は、男女どちらの親かに関係なく「別居後、継続した監護をした親に親権は認められることが多い」と親子ネットの武田さんは指摘する。

熊田南海子さん(30代)の場合、離婚協議中の元夫に「連れ去り」をされて監護の実績を奪われたものの、離婚後の親権者は離れて暮らしていた熊田さんに決まった珍しいケースだといえる。熊田さんは、元夫と義母らによる「連れ去り」によって、子どもたちと離れて暮らすことになった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング