17回目のチャレンジで司法試験に合格、なぜ指宿昭一弁護士は「火中の栗」を拾い続けるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2020年9月22日 8時21分

写真

関連画像

労働裁判や外国人技能実習生の裁判において、いくつもの重要な判決を勝ち取ったことで知られる指宿昭一弁護士。

27歳から弁護士を目指し、弁護士になったのは45歳のとき。弁護士登録直後に独立して事務所を開き、以後は休む間も惜しんで、労働者や外国人のために奔走している。なぜ、指宿弁護士は「火中の栗」を拾うのか。前編( https://www.bengo4.com/c_18/n_11755/ )に続くロングインタビュー。(弁護士ドットコムニュース編集部・猪谷千香)

●弁護士登録直後に独立、怒涛の勢いで外国人問題に取り組む

指宿弁護士は、学生時代から労働運動に身を投じてきた。ところが、運動を支えてくれていた労働弁護士が過労から倒れ、「活動家の中から弁護士を育ててください」と話したことをきっかけに、弁護士を目指すことになる。

27歳で弁護士を目指すと決まってからは、三足のわらじを履く生活が始まった。

「もともと、組合活動でお給料をもらっていたわけではなかったので、働いていました。20代前半は大学の生協職員。司法試験の勉強を始めてからは、司法試験予備校のアルバイトが中心でした。あのときは、こんなに忙しくて、寝る暇のない生活ってあるのかなって思ってたけど、正直、弁護士になってからのほうが過酷ですね」

5年ほどで成績も上がり、合格に近づいたと思えた。しかし、その後、なかなか壁が破れずに気づけば15回目の試験に落ちていたという。折しも試験制度が変わり、法科大学院が設置された。

「従来の試験制度は廃止され、法科大学院に行かなければ司法試験が受けられなくなることがわかっていたので、もうあと2年で受からないといけない状況でした。さすがにこれまでのように、また来年受ければいいという気持ちにはなりませんでしたね」

勉強方法を変え、背水の陣を敷いて受けた17回目の試験でついに合格。45歳になっていた。

「うれしいというより、ホッとしましたね。合格発表見た帰りは乗り慣れているはずの電車の反対方向に乗っちゃって……。やっぱり舞い上がってたんですね」

2007年9月、弁護士登録すると同時に独立して事務所を構えた。すぐに日本労働弁護団に入り、ホットラインで相談を受けて仕事につなげた。また、弁護士の先輩や受験時代の仲間たちが、「独立して絶対に困ってるに違いない」と事件を持ってきてくれたこともあった。

「民事も刑事も、なんでもやりましたよ。勉強になりました」と振り返る。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング