「教師がトイレで娘にわいせつ行為」 両親の必死の訴えを信じない学校…提訴に至るまでに何があった?

弁護士ドットコムニュース / 2020年9月26日 8時34分

「気持ち悪い。なんでこの先生は私の体を触るのだろう」。女の子は当初から嫌悪感を持っていたが、体育館のトイレという「密室」で、行為がエスカレートしたことから、恐怖のため学校に行くことができなくなってしまった。

●調査しない学校、転校をすすめた自治体教委

男性教師は、別の学年の担当で同僚から信頼もある教師だった。すぐに母親は女の子の担任教師に話した。

「担任は半信半疑のようで、『ああそうなんですか』というだけでした。まさかそんなことをする先生じゃないと思ったのでしょうね」と母親は悔しさをにじませる。

担任では話がわからないと考えた両親は、どんな被害があったか紙にまとめ、安心して女の子が登校できるよう、すぐに男性教師を別の学校などに異動させてほしいと学校側に求めた。

「学校からは、異動させることはできないと言われました。理由は『本人が認めてないから』の一点張りです。でも、学校側はきちんと調査せず、男性教師本人に話を聞いただけでした」

自治体の教委にいたっては、別の小学校に転校させるようにすすめてきた。一方、女の子自身も勇気を出して、スクールカウンセラーと面談の機会をもうけた。

「スクールカウンセラーは、その場では『大変だったね』『よく話せたね』と親身になってくれているようでしたが、あとから『人間の記憶は100%じゃないから信じることができません』と言われました。こりゃだめだと思いました」と父親は話す。

両親と女の子の必死の訴えは、一切信じてもらえなかった。それでも、両親は娘が学校に戻れるよう、さまざまな働きかけをした。

「せめて土曜日だけでも、補講をさせてもらえないかと学校に頼みましたが、『労働基準法で週に40時間以上働けないからだめだ』と言われました。あんなことをした教師だけでなく、学校側の対応にも腹が立ちました」

父親は、憤りを隠さない。男性教師の行為によって通学ができなくなったにもかかわらず、女の子の3学期の通知表には「病欠19日(体調不良)」と記載された。訂正を求めても、訂正してもらえなかった。

この間にも、女の子はどんどん食欲が落ち、夜も眠れない状態が続いた。楽しかった学校に通えず、友だちに会うにも不安を覚えた。女の子は6年生になってからPTSDと診断されている。

●「女の子を励ますためにやった」と弁解

6年の新学期を迎えるにあたり、学校側が提案してきたのは、「男性教師が女の子に接触しないよう対応する」というものだった。それを信じた両親と女の子は2018年4月、始業式に参加した。しかし、女の子は校内で男性教師と出くわしてしまった。そのときの様子を母親はこう話す。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング