インスタの「ストーリーズ」掲示板転載は「肖像権侵害」 地裁が発信者情報開示を命じる

弁護士ドットコムニュース / 2020年10月16日 10時2分

写真

関連画像

インスタグラムのストーリーズ機能を使ったことはあるだろうか。投稿が24時間で消えるというもので、フィードの投稿とは別に、リアルタイムで写真や動画をシェアすることができる。その気軽さから、ストーリーズの更新の方が多い人もいる。

そんなストーリーズ機能をめぐり、9月に東京地裁で注目すべき判決が出た。顔の写ったストーリーズのスクリーンショットがネット掲示板に転載されたことについて、肖像権侵害が認められたのだ。インスタの投稿者はプロバイダに対し、転載した人の開示請求をしていた。

裁判所は、24時間限定で公開するストーリーズの特性を踏まえ、「継続して公開されることは想定されていなかった」と述べている。今回の判決は、どのような意義があるのだろうか。インターネットの法律にくわしい最所義一弁護士に聞いた。

●問題となった投稿は?

——どのような投稿が問題となっていたのでしょうか

今回訴えを起こしたのは、ご夫婦です。2人は食事に行った際の様子をインスタグラムのストーリーズにアップしました。その動画は、男性が撮影し女性が写っていましたが、その一部をスクリーンショットで保存した何者かが後日、匿名掲示板にその画像を添付して投稿しました。

投稿の際に、投稿者は、女性を揶揄するような文言を添えて投稿していました。

夫婦は、掲示板への投稿により、動画を撮影した男性の著作権、動画に映っていた女性の肖像権が侵害されたと主張。また、投稿が社会的評価を低下させるようなものだとして、投稿をした人物が契約しているプロバイダに対して、発信者情報の開示を求めました。

●裁判所の判断は?

——裁判所はどのような判断をしたのでしょうか

まず、著作権について、ストーリーズの動画は著作物に該当し、男性が著作権を有するものであり、投稿によって著作権(複製権および公衆送信権)侵害されたことが明らかだと判断しました。

また、肖像権について、「動画は24時間に限定して保存する態様によって投稿されたもので、その後も継続して公開されることは想定されていなかった」とインスタグラムのストーリーズの特性に触れた上で、女性は私人であり、画像は私生活の一部を撮影した動画の一部で、画像利用に「正当な目的や必要性も認めがたい」と判断し、肖像権侵害されたことが明らかだとしました。

以上の2点から、プロバイダに対して発信者情報の開示を認めました。

●ストーリーズの特性が考慮された

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング