「見張りをしただけ」と訴えるオウム平田被告人 「一部否認」に込められた意味とは?

弁護士ドットコムニュース / 2014年2月13日 18時24分

写真

関連画像

オウム真理教の元幹部・平田信被告人の裁判が1月中旬、東京地方裁判所で始まった。警察庁から特別手配され、十数年にもわたる逃亡生活をしていた被告人の裁判とあって、大きな注目を集めている。

報道によると、平田被告人は、1995年に東京都品川区で起きた公証役場事務長の拉致事件など、3つの事件で起訴されている。このうち、公証役場事務長の拉致事件については、「事前に計画を知らず、消極的に見張り役をしただけ」などと主張し、起訴事実の一部を否認しているという。

もし平田被告人が単なる見張り役にすぎなかったとしたら、罪の重さが変わってくるのだろうか。平田被告人の「一部否認」には、どのような意味があるのか。刑事事件にくわしい萩原猛弁護士に聞いた。

●「共犯」には3つの種類がある

「そもそも犯罪は、1人の人間によって実行される場合もありますが、複数の人間が関与して実行される場合も少なくありません」

このように萩原弁護士は切り出した。いわゆる「単独犯」の犯罪もあれば、「共犯」の犯罪もあるというわけだ。刑法では、共犯について、いくつかの種類に分けている。

「刑法が規定しているのは、『共同正犯』(60条)、『教唆犯』(61条)、『幇助犯=従犯』(62条)の3つです」

それぞれ、どのような違いがあるのだろうか。

「共同正犯とは、2人以上の人間が『共同して』犯罪を実行した場合を言います。共同正犯とされると、犯罪の一部しか実行していなくても、その犯罪全体について責任を問われます。共同正犯者の各自は、互いに意思の連絡をとって、協力し合いながら犯罪を実現するものだからです」

さらに、共同正犯とされる場合について、萩原弁護士は次のように続ける。

「たとえ犯罪行為そのものを直接分担していなくても、犯罪行為そのものに匹敵するほどの重要な役割を分担していたり、犯行計画立案に関与しているなど、その犯罪を実現するために、『本質的な寄与』をしたと認められる場合にも、その者は『共同正犯』とされます。このような犯罪行為そのものを分担していない共同正犯のことを『共謀共同正犯』と言います」

●「共謀共同正犯」なのか、それとも「幇助犯」なのか

組織型の犯罪では、リーダー役が共謀共同正犯とされることが多い。オウム真理教が引き起こした地下鉄サリン事件でも、サリンを直接まいたわけではない麻原彰晃・教団代表(本名・松本智津夫)が共謀共同正犯として起訴され、死刑判決を受けている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング