義母の「押しかけ同居」で夫婦の危機 妻に隠れて「子ども部屋」を提供した夫が許せない!

弁護士ドットコムニュース / 2020年10月28日 9時53分

写真

関連画像

結婚3年目で子どもにも恵まれ、マイホームも完成。これから幸せな日々をおくるはずだったのに、突然、我が家に義母が——。

子育て情報サイト「ママスタ」の掲示板には、「義母が突然引っ越してきた」という衝撃の投稿がありました。

女性は今年、第一子を出産。「将来的にはもう一人子どもが欲しい」とマイホームには子ども部屋を2つ作りました。

そんな時、突然引っ越してきた義母。一人暮らししていた実家も売ったようで、戻る場所はありません。

夫は「高齢になってきて1人じゃ何かあったら心配だから同居しようと思った。子ども部屋として作った部屋もあいてるし、住むには問題無い。子どももまだ小さいから義母がいたほうが助かるんじゃないか」とあっけらかんとした様子。「反対されると思って言い出せなかった」と説明します。

女性は結婚する際に「同居は無理」と伝えており、夫もそれを了承していました。女性は「私に相談せず勝手に同居を決めた旦那を許せそうにない。このまま離婚するしかないのかな」と困り果てています。

はたして、女性は義母を家から追い出すことができるのでしょうか。高木由美子弁護士に聞きました。

●義母を家から強制的に追い出すことはできない

ーー女性は義母を家から強制的に追い出すことはできるのでしょうか。また、義母の同居を理由に夫に対して離婚を請求することはできますか。

「結論から言うと、女性は義母を家から強制的に追い出すことはできません。

女性のマイホームは夫か女性の名義または共有名義だと思われますが、いずれにしても、マイホームについて権利のある夫が義母に居住を許可しているからです。

しかしながら、女性に相談なく勝手に義母の同居を決めた夫はあまりにも身勝手で、女性への配慮が全くありません。女性が結婚する際に「同居は無理」と伝え、夫も了承しているなら、なおさらです。夫が「反対されると思って言い出せなかった」と言っていることからも、夫は女性が嫌がることをわざとしていると言っても過言ではありません。

そのため、義母が同居してきたことというより、このような夫の女性に対する配慮のなさ、自分勝手な行動が離婚事由、婚姻を継続しがたい重大な理由にあたるといえると思います」

●夫と義母に真剣に考えてもらうよう、まずは話し合いを

ーー今後、女性はどのように行動すればよいでしょうか。

「女性はお子さんを出産したばかりで、家も建てたばかりとのことなので、すぐ離婚に向けて動くのは負担が大きいかもしれません。

ですので、まずは、夫と義母と義母に出て行ってもらう方向で話し合いをすべきだと思います。義母はもともと1人暮らししていた家も売ったようですので、その売却代金などあり、住居を借りることも経済的に可能のようです。

近くに住んで適宜連絡をとれるようにすれば、夫の「1人じゃなにかあったら心配」という不安も緩和されるでしょう。

義母が安全に1人暮らしができる方法を考え、それでも同居を強行するならば離婚も考えると言って、夫と義母に真剣に考えてもらうよう話し合いを試みると良いと思います」

【取材協力弁護士】
高木 由美子(たかぎ・ゆみこ)弁護士
第一東京弁護士会所属。米国・カリフォルニア州弁護士
事務所名:さつき法律事務所
事務所URL:http://www.satsukilaw.com/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング