「車に飛び込んで死んでしまえっ」DV夫からの離婚請求が認められなかったワケ【判例を読む】

弁護士ドットコムニュース / 2020年11月23日 9時46分

写真

関連画像

暴力・暴言がある配偶者から離婚請求されたーー。弁護士ドットコムに、このような相談が複数寄せられている。

しかし、さまざまな事情から離婚に応じたくないと考えている人もいる。経済的な理由によるものもあれば、配偶者が改心してくれることを期待する人もいるだろう。

過去には、夫の暴力を避けるために別居した妻に対し、暴力をおこなった夫からの離婚請求を棄却した裁判例(東京地裁平成10年(1998年)1月30日判決)がある。

その理由として、裁判所は「婚姻関係はなお修復の可能性がある」と示している。いったい、裁判所はDV夫婦のどこに修復の余地を見出し、夫からの離婚請求を認めなかったのだろうか。

●「妻は自己中」離婚と娘の親権を主張した夫

本裁判例で、夫(原告)は妻(被告)との離婚、そして娘の親権を主張した。

判決文によると、夫は1990年に前妻と離婚し、その約1年後に妻と結婚。1993年に娘を授かった。

その1年後の1994年7月、妻は娘を連れて実家に身を寄せて、別居を開始するようになった。この日から判決日(1998年1月30日)までの約3年半、夫婦は別居状態にあり、妻は娘とともに実家の援助を受けながら生活し、夫は審判(1995年8月)によって命じられた婚姻費用(毎月15万円)を支払っていた。

夫は妻に対して離婚を求める理由として、妻が「バツ2になったらあなたはおしまいでしょう」などと夫の離婚歴を事あるごとに口にして責めさいなむ行為をしたこと、妻が実家に依存し、娘を連れて実家に帰ったまま自宅に戻らないこと、妻が1993年2月以降、性交渉を拒否したことなどを挙げた。

また、夫は「(妻は)自己中心的な人格を持ち、経済的にも自立する力がない」とし、娘の親権を主張した。  

●裁判所が認めた夫の暴言・暴行の数々

ところが、裁判所が認定した事実によれば、夫は「自分の気に入らないことがあると前後の見境なく突然激こうするところ」があり、たびたび妻に対して暴言・暴行をおこなうことがあったという。

たとえば、座っていた妻を床に引きずり倒し、顔面を数回にわたって手の跡が残るほどの力で殴ったり、ビールの入ったコップを投げつけたうえで顔面を殴りつけたりするなどの行為があったとされている。

また、夫婦の間に娘が生まれた後も夫の暴言・暴行は続いており、別居に至るまでには、次のような事実があったとされる。

ーー「包丁を持って来るから、ここで自分で刺して死んでくれ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング