9年間「ビデオ借りっ放し」の米国女性が「逮捕」 日本でも返さないと犯罪になる?

弁護士ドットコムニュース / 2014年2月27日 15時58分

写真

関連画像

レンタルビデオをうっかり返し忘れて延滞――。そんな経験のある人は少なくないだろう。1日あたり数百円の延滞金を支払うはめになり、悔やしい思いをするのが普通だろうが、なんとアメリカでは、9年前に借りたビデオを返却していないという理由で逮捕された女性がいるそうだ。

報道によると、この女性は2005年にVHSビデオを借り、そのまま返却していなかったとして逮捕された。留置場で一晩明かしたあと、翌日に2000ドル(約20万円)を払って、保釈されたという。しかし、そのビデオ店はすでに廃業しており、ネット上には「捜査当局のやりすぎでは」という声もあるようだ。

もし日本で同じように長期間レンタルビデオやDVDを返却しなかった場合、逮捕されるようなことはありうるのだろうか。その場合、どんな罪に問われるのだろうか。泉田健司弁護士に聞いた。

●形式上は「横領罪」になりうるが・・・

「実務の扱いを無視して検討すれば、そうした行為は一応、横領罪(刑法252条、5年以下の懲役)にあたりうるでしょう」

泉田弁護士はこのように切り出した。横領罪とは、どんな犯罪なのだろうか?

「横領罪は、他人から借りた物や預かっている物を、勝手に自分の物にしてしまうという犯罪です。

横領罪が成立するには、借りたDVDを自分の物にする意思を有していたといえなければいけません。法律上は、この意思のことを『不法領得の意思』といいます」

難しい言葉が出てきたが、その「不法領得の意思」とは、たとえばどんな内容だろう?

「参考になる例として、漫画『ドラえもん』に登場するジャイアンが言い放った、歴史に残る名言があります。

『いつかえさなかった!?  えいきゅうにかりておくだけだぞ』

本を借りた友達から、いつ返してもらえるのかと聞かれたときに、ジャイアンが怒って返した言葉です。このジャイアンの『永久に借りておく』というのは、言い回しは独特ですが、要は自分の物にしたということですから、『不法領得の意思』を宣言した内容といえるでしょう。

一方で、いつかは返すつもりであったなら、この不法領得の意思がないので、基本的に横領罪は成立しません」

その「いつか」には、期限はないのだろうか?

「長期間にわたって返却しなければ、『返すつもりだった』といっても信用してもらえないでしょう。そうなれば、自分の物にしたとして、横領罪にあたるといわれてしまう可能性もゼロではありません」

●日本での「逮捕」は考えにくい

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング