定年後、熟年不倫にハマった夫の暴言に苦しむ妻 「老いらくの恋」の代償は【判例を読む】

弁護士ドットコムニュース / 2021年1月26日 10時6分

写真

関連画像

子育ても落ち着き、定年退職を迎えた後は、夫婦で穏やかな第2の人生を歩みたいーー。このように考えている夫婦も少なくないだろう。

しかし、夫の不倫が原因で、33年間の結婚生活に終止符を打った事例もある。

夫婦はこれまで旅行などを楽しむ仲だったが、夫が定年退職後に不倫に走ったことで関係は一変。裁判で争うことになった。妻は夫に離婚と離婚慰謝料などを求めるとともに、不倫相手に対して慰謝料を請求した。

夫は不貞関係を持ったのは「婚姻関係が破綻した後」と主張。不倫相手は不貞関係を否定した。これに対して裁判所は、夫は離婚慰謝料500万円、不倫相手は慰謝料300万円をそれぞれ妻に支払うよう言い渡した(仙台地裁平成13=2001年3月22日判決:注)。

仲睦まじかった夫婦は、なぜ裁判で争うことになったのだろうか。

●定年後、夫は妻に隠れて不倫に走るように…

裁判所が認定した事実によると、妻である女性は夫と1967年に結婚し、その後、2人の子ども(娘と息子)に恵まれた。夫婦は長年共働きを続けていたが、女性は1995年に仕事を辞めて専業主婦に。夫は1997年に定年退職後、翌年の5月まで働き、その後は無職となった。

夫婦は一緒に旅行に出かけて花の写真を撮るなどして楽しむ仲だった。1998年11月ごろにも夫婦で祭などに連れ立って出かけていたという。

ところが、夫は女性に隠れて不倫に走り、不倫相手との関係を深めていった。そして、不倫相手と一緒にタイへの旅行を旅行会社に申し込むなどし、1999年1月ごろから頻繁に外出や外泊をするようになった。

同じ年の3月、女性はタイ旅行の申込書の控えを発見。夫の不倫が発覚することとなった。

●「別れない」「ぶっ殺す、出ていけ」豹変した夫

女性に不倫について責められるようになった夫は、同じ年の4月、不倫相手との関係を終わりにする旨の念書を書いた。しかし、不倫相手との関係を断ち切ることはできなかった。

女性は毎日のように、夫に不倫をやめてほしいと頼んだ。すると、夫は女性に暴言を吐いたり、暴力を振るったりするようになった。テレビやマッサージ機のリモコンを女性に投げつけて眼瞼皮下出血の傷害を負わせたこともあったという。

それからは、夫がほとんど自宅に戻ってこないという状態が続いた。夫が念書を書いてから2カ月後の6月、女性は夫婦関係調整の調停を申し立てたが、不成立に終わった。

その後も女性は夫に不倫をやめてほしいと頼んだ。しかし、夫は「(不倫相手とは)別れない」「(女性の)顔も見たくない」「ぶっ殺す、出ていけ」などと言った。暴力をふるわれそうになった女性は身の危険を感じ、7月に自宅を出て娘のアパートに身を寄せた。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング