「彼氏とやってんの?」男性ばかりの職場でセクハラ横行、社内で相談できずに退職

弁護士ドットコムニュース / 2021年2月7日 10時1分

写真

関連画像

皆さんの職場には「ハラスメント被害」を相談できる場所はありますか。2020年6月にいわゆる「パワハラ防止法」が施行され、大企業に対しパワハラ防止措置が義務付けられました(中小企業は2022年4月施行予定)。

その一つに、相談窓口の設置があります。担当者を決めて、従業員からの相談に適切に対応できるようにするというものです。

ただ、小さな会社では、相談窓口の担当者にハラスメントについての知識がなく、近い存在すぎて相談しづらいという状況もあるようです。

弁護士ドットコムニュースのLINEにセクハラとパワハラの体験談を寄せた青木ゆかさん(20代、仮名)もその一人。あまりのひどい状況に、青木さんは退職を決意しています。

入社してから4年近く、複数の上司から机を足蹴りされたり「(お前を)嫁になんてもらえねえよ」などと悪口を言われたりしていますが、「担当者が信頼できず、会社には相談しづらい」とこぼします。

●「豚」「妊婦」と言われ

青木さんは工場の間接部門で働いており、男性が圧倒的に多い職場です。入社してから「冗談を言いやすい」「反応が面白い」と言われ、「丸いんだから」「豚」「妊婦」などと身体的な悪口を言われるようになりました。

通りすがりに頭をポカンと叩かれたり、二の腕をつねったりされることも。青木さんは「どの人もスキンシップのつもりなんでしょうが、構い方が乱暴なんです」と言います。

飲み会の帰りの車内で助手席に座っていたところ、後部座席に座っていた男性上司に胸を揉まれ、「彼氏とやってんの?」と頻度や内容について聞かれるというセクハラもありました。

「普段仕事の話をしている時は普通なのですが、不意に世間話になると私のことをこき下ろしてきます。あまり真面目な雰囲気でやめてくださいと言えなくて、最近は諦めています」

●「相談したところで何もしてもらえないかな」

「まさかハラスメントが身近にあるなんて、思ってもいなかった」と話す青木さん。泣いて仕事が手につかないようなこともあり、すでに職場に退職届を出したそうです。

ハラスメント相談窓口はあるものの、担当者は総務部長。「事なかれ主義の人で、普段からあまり良くない対応をしているので、相談したところで何もしてもらえないかなと思った」と話します。

長瀬恵利子弁護士は「相談窓口が設置されていても、形式的なもので実際には相談しづらいケースが多い。青木さんと同じような相談をうけたことがあります」と話します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング