就活生が目を背ける「非正規アナ」の悲劇 それでもアナウンサーになりたいですか?

弁護士ドットコムニュース / 2021年2月7日 9時41分

写真

関連画像

脱正社員化の流れの中で、兼業・副業やフリーランスなど、「雇用によらない働き方」が注目されている。

上位層にとっては、雇用されているときよりも、自由も収入も増える可能性があり、魅力的な仕組みと言えるかもしれない。

一方でより多くの“そうでない人たち”にとっては、フリーになってしまったがために、現状からはい上がるのも難しい「アリ地獄」にはまってしまう恐れもある。

そんな特徴がよく表れている業界の1つが、アナウンサー、特に年齢で区別されやすい女性アナウンサーの世界だ。

正社員アナは高収入で、知名度を生かしフリーで活躍することも多い。一方、正社員になれなかったアナたちは弱い立場ゆえに「やりがい搾取」にさらされることも珍しくない。

●正社員アナ、実は少数

まずはアナウンサー業界の構造を見ていこう。

例年アナウンサーになれるのは、年間で120人~130人ほどだという。

このうち、キー局やNHKの無期雇用(正社員)での採用は30~40人といったところ。この狭き門を狙って数千人が受験するとされる。

志望者は、キー局がダメなら、民放ローカル局やNHKの地方放送局など、全国を転戦しながら就職活動をする。

●安定したキー局の正社員アナ

こうして厳選された正社員アナの待遇は厚い。

元フジテレビで現在フリーアナの田中大貴さんは、「局のアナウンサーは、比較的安定的していて、将来設計がしやすい」と振り返る。

深夜・早朝の仕事もあり、結婚や出産、育児で退職する女性も多かったそうだが、少しずつ働きやすい仕組みが整えられてきているという。

現在フジのアナウンス室のトップは女性(佐藤里佳さん)だ。

●キー局からフリーへ、前向きな転身「いずれテレビに恩返し」

在京キー局ともなれば、取材先は各界の一流どころ。人脈や知名度などを生かして独立するアナウンサーもいる。

田中さんもネット配信やアナウンスに留まらないメディア全般の仕事に魅力を感じてフリーになった。

「もう一度、お客さんがテレビ側に戻る時代がくると考えています。それに向けて準備している。テレビを裏切るのではなく、新しい世界で学ぶことが恩返しになると思っています」

と語るように、前向きなフリー転身と言えるだろう。

<関連:キー局男性アナ、知られざる出世への不安と葛藤とは? 元フジ・田中大貴が語る「脱・会社員論」>

●正規採用でない場合 NHK内部での格差

一方、正社員アナには落ちたけど、それでもアナウンサーになりたいという人たちは、民放ローカルやNHKの地方放送局で契約社員や業務委託のアナウンサーになることが多い。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング