「料理の写真を勝手に撮るな!」 レストランに撮影を禁止する権利はあるか?

弁護士ドットコムニュース / 2014年3月8日 15時0分

写真

関連画像

飲食店の料理をスマホで撮影して、その写真をツイッターやフェイスブックなどSNSに投稿する――。いまや、そんな行為もおなじみになった。しかし、こうした客の行為を「フード・ポルノ」と呼んで、批判する声があるようだ。

AFP 通信などによると、『ミシュラン』で紹介されるようなフランス料理の高級レストランの中には、SNSへの投稿を阻止するため、写真撮影を禁止した店がある という。その理由は、「ソーシャルに共有されると、料理を見ても、だれも驚かなくなる」「だれかに料理をマネされるかもしれない」といったものだ。

「SNS での共有は宣伝になる」と前向きにとらえる声がある一方で、客が勝手にSNS投稿するのはうんざりだと感じているシェフは少なくないようだ。では、そもそ もレストラン側には、客が料理を撮影したり、SNSへ投稿する行為を拒否する権利はないのだろうか。日本ではどうなのか。桑野雄一郎弁護士に聞いた。

●美しい料理は「著作物」といえるか?

「まず、料理を著作物と考え、写真の撮影やSNSでの共有を『著作権侵害』ととらえることが、考えられます」

著作権法にくわしい桑野弁護士はこう説明する。著作権というと、小説や音楽、映画といった作品が頭に浮かぶが、料理もそれによって保護されるということだろうか。

「たしかに、器に美しく盛り付けられた料理について、著作物と考える余地はあります。しかし、著作権法で保護されるためには著作物性(創作性)が必要ですが、そのハードルは高いでしょうね。

また、従来、店の出す料理が著作物だという理解はされてこなかったと思います。ですから、ここで著作権を持ち出すのは、空理空論の感は否めません」

どうやら、著作権法で保護される可能性はあるものの、実際に裁判で認められるかといえば厳しいようだ。そこで、桑野弁護士は、別の観点から次のように言及する。

「料理の著作権のほかに考えられるのは、飲食店の管理権です。店は、客の店舗の利用について、一定のルールを定める権利があります。たとえば、ドレスコードや禁煙ルールです。料理の撮影についても、この管理権に基づいて、禁止することは可能でしょう」

●撮影を禁止したいなら、事前に告知したほうがいい

だが、客がもし何も知らされていなかったとしたら、何気なく、写真を撮ってしまうことも多いだろう。写真を撮影してしまったあとで、「その写真は削除してください」と言われたら、客も気分を害するのではないか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング