「アンネの日記」破損事件――もし300冊以上破ったら「罰金」約1億円?

弁護士ドットコムニュース / 2014年3月14日 20時49分

写真

関連画像

第二次大戦中、ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害の最中にあって、後世に残る「日記」をつづっていた少女アンネ・フランク。そんな彼女の関連書籍が、東京都内の複数の公立図書館で、破られていたことが発覚し、大きな波紋を広げている。報道によると、被害を受けた書籍は『アンネの日記』をはじめホロコースト関連の書籍など、300冊を超えるという。

歴史的な悲劇であるホロコーストを象徴する『アンネの日記』が傷つけられたとあって、この事件は海外にまで飛び火している。アメリカのユダヤ系人権団体サイモン・ウィーゼンタール・センターは、「強いショックと懸念」を表明した。また、日本政府も菅義偉官房長官が「きわめて遺憾なことであり、恥ずべきこと」と会見で述べ、犯行を非難している。

事件は、3月13日になって新たな展開を迎えた。書店への不法侵入で逮捕されていた男が、図書館で本を破ったことを認めるような供述をしている、というニュースが流れたのだ。警視庁は慎重に捜査を進めているということで、真相解明にはまだ時間がかかる見込みだ。

ところで今回の事件では、公立図書館の本が傷つけられたわけだが、犯行をおこなった人物はどのような罪に問われうるのだろうか。また、仮に同一人物が300冊を破ったとすると、「300の罪を犯した」とされるのだろうか。元検事で刑事事件にくわしい山田直子弁護士に聞いた。

●「併合罪」という仕組みがある

「書籍を破ったり、汚すなどの行為は器物損壊罪(刑法261条)にあたります。器物損壊罪は親告罪とされているため(刑法264条)、図書館運営者の告訴があった場合のみ、起訴されることとなります」

図書館の本を傷つけた場合の罪は、「器物損壊罪」ということだが、破った冊数と成立する犯罪数の間にはどんな関係性があるのだろうか?

「300冊の書籍を、それぞれ別の機会で破損する行為を犯した場合は、この器物損壊罪の犯罪事実が300件成立します。

300件分の器物損壊罪につき、一回の裁判で判決を受ける時は、これらの各罪は併合罪(刑法45条)として扱われます」

その「併合罪」として、まとめて処理されるそうだが、刑罰はどうなるのだろうか。

「併合罪については、『併合罪加重』という決まりがあります」

このように山田弁護士は説明する。

●罰金が1億円近くになってしまう?

具体的には、どんな風に決まるのだろうか? ちょっとややこしいが、それは次のようなものだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング