宇多田ヒカルさんがイタリア人男性と再婚へ 「国際結婚」で注意すべきことは?

弁護士ドットコムニュース / 2014年3月19日 16時14分

写真

関連画像

歌手の宇多田ヒカルさん(31)が2月、イタリア人男性(23)との再婚を発表した。宇多田さんのホームページによると、男性は英ロンドンのホテルでバーテンダーとして働いており、「根が誠実で多くの友人に愛される好青年」だという。

同時に、昨年亡くなった母、藤圭子さんのエピソードにも触れている。「母との最後の会話の中で彼の話をした際、『こんなに嬉しそうな母の声を聴くのは何年ぶりだろう』と思うほど喜んでくれていた」「きっと母も応援してくれてると信じて予定通りに結婚を進めることにしました」と、胸中を綴っている。

今回の宇多田さんの発表をうけて、「国際結婚したい」と願う女性も増えるかもしれない。このような国際結婚の場合、新郎と新婦、どちらの国に「婚姻届」を提出するのだろうか。また、国際結婚をする場合に注意すべきことはあるのだろうか。島野由夏里弁護士に聞いた。

●夫婦関係が悪くなったら、国際結婚は大変

まず、結婚といえば婚姻届だ。国際結婚の場合、届出をどちらの国ですればいいのか?

「婚姻届は、いずれの国に提出することもできます。外国で婚姻の届けをした場合、その婚姻に関する証書を日本の役所に提出することになります。この場合、戸籍には、「【婚姻の方式】○○国の方式」と記載されます

以前、浜崎あゆみさんが日本では未婚となっているというニュースがありましたが、これは、アメリカ合衆国の方式で婚姻した後、日本での届け出をしていなかったためと思われます」

という。2012年に話題となった浜崎あゆみさんの「未婚騒動」には、このような法律的な背景もあったのだ。

それで夫婦仲がうまく行けば、何も問題はないが、

「国際結婚において注意しなくてはならないのは、夫婦の関係が悪化してからのことです」

と島野弁護士は指摘する。

「最終的に離婚ということになった場合、配偶者の国の制度によっては、簡単に離婚ができない場合があります。欧米では、協議離婚を認めず、離婚に際して裁判所の関与を必要とする国がほとんどです」

●離婚成立前に子どもを日本に連れ帰ると・・・

そして、子どもがいるときは、さらに法律上やっかいな問題が起きる。

「一番怖いのは、お子さんを連れて日本の実家に帰る場面です。

たとえば、日本人の女性Aさんがイギリス人の男性Bさんと結婚して、ロンドンに住んでいた場合を考えてみましょう。そこでお子さんができたけれども、Bさんは女癖が悪く、しだいに夫婦仲が悪化して、Aさんは、離婚して日本に帰りたいと希望しています」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング