賃貸アパート「途中で解約できない」場合があるってホント?

弁護士ドットコムニュース / 2014年3月25日 19時57分

写真

関連画像

新しい年度が始まる春は、転勤などで引越をする人が多い季節だ。いま住んでいるマンションやアパートなど賃貸住宅の契約を解除して、別の土地へ移る人もいるだろう。そのなかには、賃貸契約がまだ続いていて、「途中解約」しなければいけない人もいるかもしれない。

では、契約期間中に転居する場合、借り手には違約金などのペナルティが生じるのだろうか。解約時にトラブルにならないよう、不動産会社に確認しておくべき点はあるのだろうか。瀬戸仲男弁護士に聞いた。

●契約期間の定めが「ある場合」と「ない場合」がある

「ここでは、一般的な『普通借家契約』についてお話します。普通借家契約は、『契約期間の定めのない普通借家契約』と『契約期間の定めのある普通借家契約』の区別があります」

このように瀬戸弁護士は切り出した。賃貸契約の期間が1年や2年など限定されている場合と、そうでない場合があるということだ。

「契約期間の定めがない場合、借りた側(賃借人)は、解約の申入れをいつでも行うことができます。この場合、解約の申入れをした日から3カ月を経過すれば、借家契約は終了します(民法617条1項2号)。つまり、申し入れをしてから、3カ月分の賃料は支払わなければなりません」

申し込んでから3カ月間も賃料を支払うとなれば、解約の申し込みもかなり計画的に行わなければならないだろう。もっと短くはならないものなのだろうか?

「もし仮に、3カ月ではなく1カ月で終了させたいと希望するのであれば、契約書にそのように定めておく必要があります。

一方、貸す側(賃貸人)が、『契約期間の定めのない普通借家契約』を解約する場合は、6カ月前に申し入れをする必要があります(借地借家法27条1項)。

しかし、貸し主から解約する場合、6カ月を経過すれば無条件に契約が終了するわけではなく、解約を要求するための『正当事由』が必要ですし、立退料を用意しなければなりません(借地借家法28条)」

●「契約期間の定めがある場合」はどうなる?

では、契約期間が限定されている賃貸契約の場合は、どうなのだろう?

「契約期間の定めのある普通借家契約の場合、期間内に解約する権利(中途解約権)を契約書で認めているか否かで、事情が異なります。

中途解約権が認められている場合は、さきほど説明した『契約期間の定めのない普通借家契約』の場合と同様です。つまり、契約書に『1カ月前までに解約の申し入れをすること』と書かれていれば、解約申し入れから1カ月で契約が終了することになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング