1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

コロナ感染恐れて帰省中、夫は不倫していた…相手は学生の可能性、慰謝料は請求できる?

弁護士ドットコムニュース / 2021年9月10日 9時35分

ーーなお、今回のケースでは明らかではありませんが、既婚者の場合、相手に既婚と伝えていないケースも多くあります。その場合、慰謝料はどうなりますか

不貞相手に「過失」があったか否かが問題となります。より具体的にいいますと、「既婚者だと知らなかったことについて不注意がなかったか」という問題です。

この点は具体的事情によりますが、本事案の夫には子がおり、相応の年齢かと思われます。既婚者であってもおかしくない年齢の男性と交際するにあたり、既婚か否かを一切確認することがなかったとすれば、不貞相手に過失が認められる可能性はあると思います。

その他、既婚者であることを疑わせる事情(例えば、左手の薬指に指輪をつけていたなど)が存在すれば、不貞相手の過失が認められる可能性は高まります。

【取材協力弁護士】
下大澤 優(しもおおさわ・ゆう)弁護士
2012年司法試験合格、2014年に弁護士登録。勤務弁護士を経て2016年に定禅寺通り法律事務所(仙台市)を開設。離婚・男女関係のトラブル(婚約破棄等)に注力している。
事務所名:定禅寺通り法律事務所
事務所URL:https://jozenji-law.com/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング