1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

池袋暴走事故、明日一審判決 裁判のポイントは? 「過失が認められれば重い処罰に」交通弁護士が解説

弁護士ドットコムニュース / 2021年9月1日 9時50分

写真

関連画像

東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走し松永真菜さんと長女の莉子ちゃんが死亡した事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)の罪で起訴された男性(90)に対する判決が9月2日、東京地裁で言い渡される。

裁判で、検察側は、ブレーキとアクセルを踏み間違えるという初歩的で基本的な操作を誤るという過失があったとして、禁錮7年を求刑。一方、被告人側は初公判で「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶しており、車に何らかの異常が生じて暴走した」と起訴内容を否認して以降、一貫して無罪を主張した。

事故発生から2年5カ月、2020年10月の初公判から11カ月。被告人が事故後に逮捕されなかった点を含め大きく報じられてきた事故に一つの判断が下されることになる。過失の有無をめぐり互いの主張が対立していたが、判決のポイントはどこになるのか。交通事故・事件にくわしい平岡将人弁護士に聞いた。

●自動車の異常の有無がポイント「なければ常識的には被告人の操作ミス」

——過失の有無が争われています。刑事裁判で「過失」はどのように認定されるのでしょうか。

過失犯の成立が肯定されるためには、「注意義務違反」を立証する必要があります。

注意義務違反とは、具体的には、犯罪結果の発生を予想すべき義務(結果予見義務)とその予想に基づいて結果の発生を回避すべき義務(結果回避義務)の2つを指します。

犯罪結果が発生することをいつ、どの程度予見できたのか、そして、この結果を回避するためにいつ、何ができたのか、ということが問題とされるということです。

——今回の事故ではどうでしょうか。

本件では、横断歩道があることは標識や視認によって当然認識できました。さらに、被告人の走行車線の対面信号が赤信号であること、および交差点内に通行人がいたこと(いるであろうこと)も認識できたでしょうから、そこに自動車が進入すれば、人を殺傷しうることは予見しなくてはなりません。

この予見される結果(人の死傷)を回避するために、信号規制に従って適切に制動措置をとって停車させるなどの危険回避行為を被告人はとるべき義務があったのです。

報道によると、検察側は、この結果回避義務に反し、アクセルとブレーキを踏み間違え、高速度で赤信号を無視して走行した過失があること、かつ、義務違反の程度が重大であることを主張しています。

一方、被告人側は、アクセルは踏んでおらず、ブレーキを踏んで結果回避義務を果たそうとしたものの、自動車の異常によってそれが実現できなかったのであるから、過失はないと主張しています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング